あなたは明確に答えられる? ー「広告」と「広報」の違いとは?ー


 

株式会社ファンユージュアルの東海林(しょうじ)です。

 

さて、冒頭からいきなり質問です。

「広告」と「広報」の違いは何でしょうか?

 

・・・以前、弊社代表の大野からこう質問をされました。

 

しかし、当時の私はぼんやりしたイメージしか浮かばず、

 

(広告・・・チラシ!)

(広報・・・広報担当として取材対応をしているキラキラしたお姉さん!!)

 

という貧相な発想しか浮かびませんでした・・・。

 

 

 

でも、広告や広報って、ついつい混同して使いがちですよね。

みなさんは明確な答えが浮かびましたか?

 

①「広告」とは?

まず、広告ですが、こちらは割とイメージがしやすかった方が多いのではないかと思います。

 

広告とは、TV、新聞、雑誌、WEBといったメディアに掲載費用を払って、企業や商品について伝えることです。

 

 

掲載期間や掲載時期、アピールしたい内容や表現方法について、企業側での決定が可能です。

このため、商品やサービスの特長をユーザーに印象づけるために、インパクトのある表現・記載が自由にできます。

もちろん、虚偽情報や誇大情報はいけませんし、メディアごとの掲載基準がありますが、ある程度主観的な発信ができるという特長があります。

 

また、近年はTVや新聞のような従来からのメディアだけではなく、SNSに広告を掲載する企業も一般的になりましたね。

 

 

②「広報」とは?

一方で、広報は、「パブリック・リレーション(PR)」とも言われ、社会と良好な関係性を築くことです。

 

これだけではちょっとわかりにくいですが、具体的な活動としては、メディアに向けて企業や商品の情報を提供し、ニュース番組や記事などに取り上げてもらうことを目的としています。

簡単にいうと、ネタ提供といったところですね。

 

 

主に自社のウェブサイトやプレスリリースを用いてメディアに情報提供をするため、広告に比較して費用がかかりません

また、記者・編集者といった第三者の視点を通じて、ユーザーに情報が発信されるため、より客観的であり内容の信頼性が高いと言えるでしょう。

 

しかし、その情報を取り上げるかどうか、いつ何をどのように掲載するかどうかについては企業がコントロールするのではなくメディア側が決定します。

なので、企業は広報活動を行うタイミングや提供する情報についての戦略が重要となります。

 

このように、広告と広報には、費用、決定権、制作者、信頼性などといった違いがあり、それぞれが持つメリット・デメリットを補完しあう関係となっています。

広告と広報の、意味合いや目的が異なることがおわかりいただけましたでしょうか。

 

動画による広報活動がメディアに取り上げられた事例

 

今年の母の日を前に、西武・そごうでは、東大生を対象に「2018年全国一斉母の日テスト」なるイベントを開催しました。

自身の母親にについてどれほど知っているか100問にもわたる質問をし、その様子を捉えた動画を公式ウェブサイトで配信しました。

 

 

【西武・そごう】東大生が挑戦。簡単そうで意外と解けないテストって何!?

 

テストでは「あなたの母の好きな色は?」、「あなたの母の星座は?」といった比較的答えやすい質問から、「あなたの母があなたに言われて一番印象に残っている言葉は?」、「あなたの母があなたを誇らしいと思っていることはどんなことか?」といった普段の会話ではなかなか知りえない質問まで様々でした。

 

意外と知らないお母さんについての質問に四苦八苦しながら回答し、いよいよ答え合わせの時間。

その採点方法は、自分で母親に電話をかけて、答えをきくという自己採点方式でした。

 

 

電話でお母さんと話し、お母さんのことをもっと知る・・・そして、お母さんから見た自分を知る。思わず涙がでてきそうな内容でした。

 

 

そして、感動的な動画が話題となり、TV番組や、インターネットでも取り上げられました。

その効果もあって、なんと公式ウェブサイトの動画公開開始からわずか一週間で35万再生に達し、現時点では126万再生を超えています

 

 

広報・PRの取り組みの流れ

 

ファンユージュアルでは、動画広告制作のほか、広報戦略についてもご相談を承っております。

 

[広報・PRの取り組みの流れ]

1:クライアント様の課題感をヒアリング

2:話題になるようなキャンペーン・動画企画を提案

3:リリース後、各種広告やインフルエンサーを活用してメディアにリーチ

4:TV、新聞、WEBなど各種メディアによる取材

5:さらに大々的にキャンペーンが広まる

 

といった流れです。

メディアに取り上げられるコツは、第三者(視聴者、ユーザー)の目線に立ったキャンペーンや動画内容を作り上げることです。

プラップジャパンというJASDAQ上場の企業と提携して、メディアに取り上げられるような広報活動が可能です。

 

「単に動画広告を作るだけではなく、より効果的な広報活動もしたい!」とお思いのご担当者様は、ぜひお気軽にファンユージュアルにお問い合わせ下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CGの裏側をちょい見せ!アメコミ風動画の作り方

 

はじめまして!
Funusualの映像制作・CG担当、堀です。
今日は恐らく当ブログ初(?)のCG紹介をしたいと思います。

今回ご紹介するCG動画はこちら!

弊社の久住がアメコミキャラに…!?

 

こちらの作り方を、特別にちょっとだけお見せしちゃいます.+*

 


①写真を加工

まずは元となる人物の写真を用意します。

今回使用した元素材はこちら。

 

それをこんな感じでコミック風に加工しちゃいます。

このやり方は色々あるのですが、

Adobe社のPhotoshopIllustratorというソフトを使うと

比較的簡単&本格的にできちゃいます。

 

②アメコミ風に盛り付け

更に色々な要素を盛り付けていきます。

この部分は個人の好みやセンスが光るところ.+*

 

一般的には

ドット


集中線

を使うと、アメコミっぽい雰囲気になりやすいと言われています。

 

 

③動き付け

 

最後に動きを付けて完成!

 

動きを付けるにはAdobe社のAfter Effectsを使用しています。

 

ちなみにこちらの髪の揺れは、以前弊社のFacebookでも取り上げた

Auto Sway“というAdobe After Effects用のプラグインを使用しています。

髪や布の揺れる動きが簡単に作れるので凄くおすすめ!

 

 

たった1枚の写真から、あっという間に1シーン完成!

 


 

「とにかく元気なイメージの映像を作りたいなぁ」

→そんなときにおすすめなのが、アメコミ風動画

ポップで躍動感があり、ポジティブなイメージを作りたいときにぴったりなんです。

例えば結婚式オープニング映像なんかでは、

アメコミ風は超定番ですよね。

 

最近だとこんなCMも。

どちらも勢いがあって、元気なイメージのCMですよね!

 

CMだけじゃなく、PVにもアメコミ風デザインがよく登場します。

 

最近の映像でよく見かけるアメコミ風動画ですが、

実はかなり昔から使われているデザイン手法なのです。

こちらのCMはなんと1989年のもの(!)

いつまでも廃れないアメコミ風、強し…!

 

こんな風に元気でポジティブな印象を与えられるアメコミ風の動画

企業VP採用動画社員紹介動画などとも相性ばっちりです!

「写真しかないけどアメコミ風の動画制作をお願いしたい」

そんな時は、ぜひお気軽にFunusualへお問い合わせください!

(もちろん、動画撮影も承っております!)

 

株式会社Funusual 動画制作サービス詳細はコチラ

Web動画広告も視聴者に合わせて内容が変えられる!?「パーソナライズド動画」とは

 

 

はじめまして!

株式会社ファンユージュアル、記事配信担当の東海林です。

 

 

東海林です!!!

 

 

え・・・?

 

とうかいりん?

とうかいばやし?

ひがしうみばやし?

 

「しょうじ」です!!!

 

芸能レポーターの「東海林のり子」さんとか、マンガ家の「東海林さだお」さんとか、歌手の「東海林太郎」さんでおなじみ?の名字ですね。

  

 

(しかし、渋めのメンツだな・・・)

 

 

さて、そんな本日のファンユージュアルのメールマガジンは、あなたのお名前”に関係するWeb動画手法であるパーソナライズド動画のご紹介です。

 

 

パーソナライズド動画とは・・・

 

「パーソナライズド」の名のとおり、

視聴者一人ひとりに合わせて、文字や画像などの内容を一部だけ変えて配信出来るWeb動画です。

 

例えば、動画の中で「しょうじさん」、「たかはしさん」などと名前を呼びかけたり、「すずきさん、今日は25歳のお誕生日ですね!おめでとうございます!」などと、氏名、年齢、居住地、検索履歴、購買履歴など様々なパーソナルデータを動画に埋めこむことで、その人のためだけの動画が作れるのです!

 

Web動画は、視聴者の検索履歴や閲覧履歴などに応じて、その人の興味関心に合わせた配信ができますが、今や動画の内容そのものまでカスタマイズできるんですね!

 

 

では、パーソナライズド動画の事例を見てみましょう

 

チューリッヒ保険さま

 

自動車事故に遭ったお客さまに向けた動画です。

冒頭で「佐藤さま」と呼びかけて、事故の被害を気遣うメッセージを送り、今後の手続きの流れや、佐藤さんの居住地である「東京都」の修理工場について案内をしていますね。

 

マニュライフ生命さま

 

こちらは、既存のお客さまの新たなニーズを促す動画です。

「初台さま」「保険契約内容の確認」をして、30代」である初台さんに対して、同年代が抱えている将来への心配事についてのアンケート結果を示し、現在の保険内容の再考を促しています。

 

Facebookでパーソナライズド動画を提供

また、Facebookではサービス提供開始12年を記念して、ユーザーの情報を元に、名前や友達との写真を組み込んだ「フレンズデー動画」を、世界中のユーザーに配信しました。

突然のサプライズに記憶に残っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

パーソナライズド動画のメリット

このようにパーソナライズド動画には「特別感があり、動画に興味を持たせられる」、「興味や嗜好、状況にマッチした情報提供ができる」といったメリットがあり、アイディア次第では、いろんなシーンで活用出来る可能性を持っています。

 

 

たとえば、こんな・・・

 

ファッション通販サイトでどのワンピースを買うか決めかねているしょうじさん・・・

 

イケメンが登場するパーソナライズド動画広告で、あなただけにファッションアドバイス!

→購買意欲UP!?

 

と、冗談半分になってしまいましたが、パーソナライズド動画に興味を持たれましたら、楽しいコト、ワクワクするコトを考えるのが大好きな、

ファンユージュアルにお問い合わせください!

株式会社Funusual 動画制作サービス詳細はコチラ

 

価値あるものを提供し続ける大切さ – 動画インフルエンサーマーケティングで抑えるべきポイント

 

 

前回の投稿でインフルエンサーマーケティングの概要をザクッと話しましたが今回は、

今注目されている動画におけるインフルエンサーマーケティングについて語ろうかと思います。

S__4546562.jpg
インスタグラムストーリーを活用するニコラス

 

従来のInstagramTwitterにあった静止画だけのインフルエンサーマーケティングからここ1年程で動画に対しての需要が非常に高まったと感じています。

 

というのも、Instagramにおける動画投稿をはじめとして

日常を動画で共有するストーリー機能ライブ配信機能

SNS上で静止画ではない

動画というものが非常に

身近にものになったからではないでしょうか。

そんな中で動画インフルエンサーマーケティング

効果的に行うにあたりいくつかの抑えるべきポイント

まとめてみました。

 

続きを読む

最近よく聞くインフルエンサーって何? – インフルエンサーマーケティングという新しい広告のあり方

 

どうも、オフィスの中で 乃木坂46 の「インフルエンサー」を踊るニコラスです。

influencernicholas.png

 

この インフルエンサー って言葉、ここ最近よく聞きますよね

なんせ、歌にもなっちゃうくらいなんですから!

僕もインフルエンサーなりた~いです!!!

「でもそもそもインフルエンサーって何?」

 

この言葉の意味をわかっていないもしくは、なんとなくしかイメージが付いてない方が多いと思います。現在ではインフルエンサーと聞くと インスタグラマーやYoutuberというイメージが定着していますけど、元々は社会的に影響力を持っている人全般のことをインフルエンサーと言います。

なので有名なスポーツ選手芸能人歌手 等は皆インフルエンサーです。そんな有名な方たちの言動、私生活、ライフスタイル、ファッションは人に多大な

インフルエンス=影響 を与えます

でも、ここ最近ではSNSが急激に普及して一般人でも影響力を持った人が現れてきました。インスタグラムで数千、数万ものフォロワーを持つ女子高生や絶大な人気を誇るYoutuber など

現代の文脈でのインフルエンサーはこの 影響力を持った 一般人 を指すことが多いです(もはやそこまで影響力あったら個人的には一般人ではないと思っているのですが笑)

 

 

なぜ企業がこぞってインフルエンサーマーケティングを取り入れているのか

 

現在、企業がこぞってインフルエンサーを取り入れたマーケティングを行っています。

インスタの投稿に商品紹介をしているインスタグラマーをみたことがある人も多いのではないでしょうか?ご存知ない方も多いかもしれませんが、あれは企業さんが広告としてインスタグラマーに商品を提供し、レビューしてもらっているのです。

 

今までのCMやオンライン広告とは全く別の広告のあり方ですね。

 

スクリーンショット 2018-04-20 18.44.05.png

インフルエンサーマーケティングには様々なメリットがあります

・芸能人をわざわざ使わなくても相応の宣伝効果が得られるのと広告費用が抑えらることがまず第一に挙げられます。

 

・それと一般人と芸能人の間に位置するインフルエンサーはお客さんの親近感を得やすいという点

 

・あとは広告効果の測定が非常にしやすいという点

 

単純な視聴回数だけでなく、インスタグラムやYoutubeではトラフィック(どこから視聴されたか)視聴時間、エンゲージメント率(コメントやいいねの比率)はたまたサイトや購入に至るまでの誘導率まで

様々なデータを計測することができます!

今までの広告では非常にコストがかかった計測という作業が簡単にできてしまうのです。これは画期的で新しい広告のあり方だなと実感しております。

 

次回は動画によるインフルエンサーマーケティングについて

語ろうかと思います

もしも、

動画によるインフルエンサーマーケティングにお悩みの方がいましたら

Funusual が全力でサポート致しますので

ご気軽にお問い合わせくださいませ。

株式会社Funusual 動画制作サービス詳細はコチラ