SNSの動画広告の特徴ーFacebook・Instagram・Twitter編ー

 

ファンユージュアルの東海林です。

 

今日はSNSを活用した動画広告についての話題です。

FacebookやInstagram、Twitter・・・もはや生活の一部と言っても過言ではないほど、SNSは日常に欠かせないツールになりましたね。

主なSNSの国内月間アクティブユーザー数(月に1度以上の利用をするユーザー数)を調べてみると、Facebookは約2800万人、Instagramが約2000万人、Twitterが約4500万人と計測されています(注1)。

 

■さりげなーいSNS広告

SNSのタイムラインを眺めていると、友人・知人のつぶやきや写真の投稿の間に、広告がさりげなく挟まれていますよね。

私はInstagramで世界中の方々が撮影したおしゃれな写真を見て、色遣いや構図を参考にするのが好きなのですが、「あ、今の写真は広告だったのか!」と、すぐには広告だと気が付かないような“インスタ映え”するデザインの広告に遭遇し、驚く事がしばしばです。みなさまも同じように感じた事があるのではないでしょうか?

 

このように、SNSの広告は、ユーザーの年齢や性別といった属性の他、興味関心があるテーマに沿ってタイムライン上に配信されるため、「さりげなく、あまり押し付けがましくない広告」といった印象があります。

 

また、最近は、タイムラインに動画広告が表示される事も増えてきたな、と感じています。

そこで、主要なSNSの動画広告の状況について情報をまとめてみました。

 

■Facebook 〜ビジネス層向け〜

動画広告はタイムライン上または、右側のバナー欄に配信されます。

また、主要なSNSの中では制作形式の自由度が一番高い媒体です。動画の縦横比も16:9、9:16、1:1、2:3など様々な比率に対応しており、配信時間はなんと最短1秒から最長240分(!)までと、表現への制限が少ないSNSと言えます。

あらゆる表示方法ができるのも特徴です。360度動画や、複数の動画を横に並べられる「カルーセル広告」にも対応しており、様々な広告表現ができるフォーマットを多数用意しています。

 

また、広告のターゲット選定に大事となるユーザー層のデータですが、Facebookは20代から60代までのおおむね3割から4割の方に利用されています。20代と30代については女性ユーザーが6割、40代から60代については男性が6割程度を占めていますが、後述するTwitterやInstagramの利用者層に比較して、年代・性別のばらつきが少なく、万遍なく利用されているという傾向があります(注2)。

 

■Instagram 〜おしゃれな若者向け〜

こちらも広告の表示位置には2パターンあります。

一つは、タイムライン上に配信する広告です。インスタグラムならではのかわいい正方形型の動画または長方形型の動画広告が配信出来ます。

もう一つは、インスタグラムストーリーズに表示できる広告です。ストーリーズとは、通常のタイムラインの投稿とは別枠で動画や画像を投稿できる機能で、タイムラインよりも気軽に日常の様子をアップしているユーザーが目立ちます。こちらにも、縦長の動画広告が最長15秒で配信出来ます。

 

Instagramのユーザーの特徴は、20代〜40代の利用割合が高く、その中でも約6割が女性ユーザーになっています。また、ストーリーズは10代に人気が高く、活発に利用されています。よって、ファッションやコスメ、グルメや旅行など、若者や女性が好むライフスタイルに関連するサービスとの広告の相性が良いでしょう(注3)。

 

■Twitter 〜10代・おふざけ系・ちょいオタクさん系向け〜

ツイートと同時に動画を表示する「プロモビデオ」機能がメインとなりますが、広告配信の目的に応じて、ウェブサイトへのリンクを貼れる「ビデオウェブサイトカード」、アプリのダウンロードを促せる「ビデオウェブサイトカード」とがあります。

また、昨年より、Twitterのコンテンツパートナー企業が配信するお笑いやスポーツ等の人気動画番組の冒頭に、再生してから6秒間はスキップできないインストリーム型の動画広告の配信も開始されました。番組と親和性が高い内容の広告を配信する事で、よりインパクトのある宣伝が可能となります。

 

Twitterのユーザー層は、10代と20代の6割以上が利用している一方で、30代から50代は3割程度に留まっており、圧倒的に若年層のユーザーが高いことが特徴です(注4)。若年層をターゲットとした広告活動にふさわしいと言えるでしょう。また、リツイート機能によって、つぶやきがに多くのフォロワーに拡散されるので、良い内容の広告や面白い内容の広告は「バズる」可能性も高いですが、一歩誤れば、瞬く間に「炎上」してしまう可能性も高いので、気をつけねばなりません。(どの広告にも同じことが言えますが、特にリツイート機能で活発に情報をシェアする機会が多いTwitterでは一層の注意が必要ですね)

 

(注1〜4)SNSの月間アクティブユーザー数、ユーザーの属性については下記のデータを参考にいたしました。

㈱ガイアックス様 ソーシャルメディアラボ 「2018年3月版 主要SNSユーザー数データまとめ」

http://www.fantastics.me/documents/service/SNSuserdata_201803.pdf

 

 

■SNS動画広告を活用した事例

https://www.facebook.com/business/success/weddingpark

Facebookの動画広告を利用した、全国の結婚式場の検索・クチコミサイトの事例です。

主に首都圏に住む20~35歳の女性をターゲットに選定し、「結婚式は準備から楽しめる」をテーマに、結婚式に向けて準備を楽しむ花嫁の姿をストーリー化し、結婚式場の飾り付けや演出などのイメージを膨らませられるような工夫を凝らしました。

 

SNSはスマホで閲覧されることが多いため、縦型の動画広告を利用し、画面いっぱいにブランドイメージや世界観を表現したのも特徴となっています。スマホで動画広告を見る際、わざわざ画面を横にして視聴することなく、そのまま縦で閲覧出来たほうが楽=視聴率向上につながりやすい、という利点もありますね。

なお、同時に、サイトへのコンバージョンを目的とした広告も配信したそうですが、ブランドイメージの浸透を目的としたこの動画広告と並行して配信した期間の方が、コンバージョン率が1.9倍に拡大したとのことです。

 

■まとめ

スマホの大画面化や高速通信化が進み、動画をいつでもどこでも視聴できる環境が整ってきため、1日に何度も閲覧されるSNSの動画市場は、ますます拡大していくと考えられます。それぞれのSNSのユーザー層や利用形態・閲覧形態、動画広告の表示形式の違いを理解しながら宣伝を行うことが重要となりますので、媒体選定や動画制作をご検討される際には、どうぞお気軽に弊社までお問い合わせください。

今回もお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

Web専門の動画制作・動画マーケティングのファンユージュアルサービス内容はこちら

 

 

 

「オウンドメディア」に重要な3つのポイント! – クオリティの高い自社コンテンツを作る

 

ここ最近、企業が自らのウェブサイトでメディアを運営してコンテンツ発信を行う

「オウンドメディア」が盛んです。

スクリーンショット 2018-04-05 17.26.48.png

弊社でも、

「オウンドメディア」に掲載する動画を作って欲しい

「オウンドメディア」動画の運用の仕方についてご教授お願いしたい

等の

問い合わせが多くあります!

 

今回は「オウンドメディア」コンテンツを効果的に制作するにあたって

重要な3つのポイントをご紹介させていただきます!

 

続きを読む

画素数に惑わされる消費者 – 画質を左右するのは解像度だけじゃない!

 

 

どうも、家族セブ島に行って1日数十枚、スマホで撮った写真が送られてきて、

南国の綺麗なビーチはなにで撮っても映えると痛感したニコラスです。

 

 

そういえば、数年前までテレビをつければ 「何万画素」といった謳い文句で画質をアピールしていたカメラや携帯のCM、最近になって見なくなったと思いませんか?

未だに一般消費者の認識では

「高画素」=「高画質」

になっていますが、違うんです。

 

2000万画素.jpg

続きを読む

おばあちゃんが教えてくれた、SNSにおける新しい広告の在り方。 – Facebook, Instagram…

 

こんにちは!株式会社Funusual、コンテンツ記事担当のニコラスです!

 

3O6A3637

 

ニコラスは移動中に必ずと言っていいほどスマホをいじりSNSに入り浸るのですが、以前よりすごい量の動画広告を見かけるようになったと感じております。しかも、自分の趣味嗜好に合致した広告とWEB動画業界全体のクオリティアップのおかげで思わず見入ってしまう内容が多いんですよ!

 

続きを読む

映像ディレクターって何やってんの?

お世話になっております。

株式会社Funusualの大野です。

寒気きびしき折柄 あわただしい師走となり、何かとご多用のことと存じます。

さて、数ヶ月ぶりのブログ更新となりファンの皆様お待たせいたしました。

 

 

はい。

 

 

シーンとしておりますね。

 

今回は「ディレクターに仕事を頼むということ」の意味を見ていきたいと思います。

続きを読む