今年のWEB動画のトレンド?ライブコマース動画とは

 

ファンユージュアル 東海林です。

これまでの記事では「パーソナライズド動画」、「インタラクティブ動画」など、新しいWEB動画の形をご紹介してきました。今回は、最近のWEB動画のトレンドを語る上では外せない「ライブコマース 動画」についてご紹介します。

 

ライブコマース動画とは

動画を活用したインターネット通販(Eコマース、EC)の形態の一つで、タレントやインフルエンサー等がライブ動画を配信し、視聴者はリアルタイムに質問やコメントしながら商品を購入するというものです。

一見、テレビショッピングと似ていますが、すぐその場で商品について質問ができることが特徴であり、まるでお店で店員さんと会話をするかのように「リアルタイムでコミュニケーションができる通販」です

通販では、「イメージと違かった」、「サイズが合わなかった」などと失敗をしがちですから、事前に確認ができるというメリットは大きいですね。

メルカリチャンネル公式サイトより引用

 

 

ライブコマースのブームは中国から

ライブコマース動画は、2016年頃に中国のEコマース大手・アリババが普及させていったと言われています。

アリババは、以前より11月11日の「独身の日」を、多くのブランドが半額近く割引するバーゲンセールの日とし、中国最大のEコマース商戦日として仕掛けてきました。

そして、もともと中国では「ライブ動画配信アプリ」がスマホユーザーの約半数に使用されるほど人気が高かったのですが、アリババはそのアプリの中でも人気が高い「一直播」で8時間にわたって通販番組のライブ配信をしました。番組にはサッカーのベッカム選手などの超有名人ゲストを招き、割引クーポンの配布を行ったところ、「独身の日」のたった1日だけでアリババの通販サイトでは約2兆円近い売上に達したそうです…。(す、すごい桁だ)

アリババのECサイト「淘宝」のライブコマース「淘宝直播」より

日本での認知・普及はこれから

一方で、日本での認知・普及はこれからに期待といったところです。

今夏、マクロミルが15歳〜49歳の男女2万人に実施した調査によれば、ライブコマースを「知っている」と回答した人の割合は約30%という結果でした。

続いて、「知っている」と回答した人のうち、実際にライブコマースを見て商品を購入した経験がある人の割合は、14%という結果になりました。なお、この結果を男女別で見ると、実際の購買行動に至った男性は20%、女性は7%となっており、どちらかと言えば男性に積極的にライブコマースが活用されているようです。

出典:マクロミル「ライブコマースの利用状況を大調査!ライブ配信の視聴も商品の購入も男性が積極的」

https://honote.macromill.com/report/20180705/

 

詳細は次章でご紹介しますが、日本でライブコマースのサービス提供が本格的に始まったのは2017年頃からであり、現時点では日本人の生活に幅広く浸透しているとは言い難いのが実情です。

しかし、日経トレンディの「2018年ヒット予測100」の2位にライブコマース動画がランクインし、最近はキャッチーなTVCMソングでおなじみの「Tik Tok(ティックトック)」などのライブアプリが普及しつつあるので、今後の伸びしろに注目したいところです。

 

日本のライブコマースサービス

続いて、日本の代表的なライブコマースサービスについてご紹介します。

メルカリチャンネル(2017年7月サービス開始)

https://www.mercari.com/jp/mercari-channel/

フリマアプリのメルカリが運営しています。ライブコマースではタレントやインフルエンサーを起用した動画配信が大半ですが、通常のメルカリと同じく一般ユーザーもライブコマース配信ができるのが大きな特徴です。

Live Shop!(2017年6月サービス開始)

https://liveshop.jp/

こちらはタレントやインフルエンサーを起用し、メイク術や着こなし術など、広告色を前面に出さない「HOW TO形式」の動画の配信が多いのが特徴です。実際にサイトにアクセスしていただけるとわかりやすいのですが、ファッション誌の記事のような番組がたくさん配信されています。

BASE LIVE(2017年9月サービス開始)

https://thebase.in/baselive/

雑貨や食品、ハンドメイドグッズなど幅広いジャンルの商品を販売し、毎日10:00~21:59の間にライブ配信がされています。画像のように作業風景が見られるのもユニークですね。

 

この他にも、今年8月にはKDDIとエブリーが共同で「CHECK」の提供を開始し、ヤフーでも昨年11月に開始した「ヤフー!ショッピング LIVE」の配信に合わせてポイント5倍サービスを行うなど、大手の参入も相次いでいます。

ママさん向けのライブチャンネルが多い「CHECK」

ライブコマース活用のキーポイント

 

(1)商品が持つストーリー性

全ての商品がライブコマースに向いているとは限りません。毎日買っているパンや牛乳について紹介をしたところで仕方がないように、今まで知らない情報だからこそ「気になる!」、「知りたい!」と思えますよね。例えば、新しい機能を搭載した商品や、どこでも簡単に買えない商品などは、どんどんとストーリーが広がるので、視聴者の興味関心を集めやすいですね。

ちなみに、ライブコマースでは男性の購買率が高いことからも、電化製品など高額なガジェット系の新商品には特に相性が良いのかもしれません。実際の動きを見たり、機能について質問ができたりすることで、高額なアイテムの購入のハードルを下げてくれそうですね。

 

(2)動画を見たくなるようなイベント性

これまで、国内外のライブコマースでは、インフルエンサーの買い物に同行したり、ファッションショーの会場から中継したり、芸能人が着用した商品を販売したり…など、普段の買い物ではなかなかできないシチュエーションで商品を販売してきました。このように「見たい!」と思えるような番組作りが求められています。

 

日本では、2017年が「ライブコマース元年」と呼ばれ、様々なライブコマースサービスが提供され始めました。まだまだ発展途上ではありますが、動画活用の可能性やチャンスが私たちの生活に広がりつつあるのを感じました。なお、多くのライブコマースサービスが法人向けに機能を提供しておりますので、活用を検討される際には弊社にご相談いただければと思います。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

ゲームのようにストーリー展開が選べる!−見て、触れる「インタラクティブ動画」のご紹介−

 

ファンユージュアルの東海林(しょうじ)です。

 

個人的な話題で恐縮ですが、最近、引っ越しをしました。

 

引っ越し先の街には、おしゃれなカフェやレストランをはじめ、お洋服屋さんや雑貨屋さんも多く、毎日の暮らしが楽しいエリアです。

なので、会社からの帰り道に誘惑が多く、「今夜はどの道を歩いて帰ろうかな〜?」といつも迷ってしまいます。

 

最寄り駅から家に行くまでは、いくつかのルートがあります。

 

ルートA:最短ルート

一番ラクに帰れるのはこの道。コンビニがあるくらい。

しかし、せっかく魅惑的な街に住んでいるのに勿体ないルート。

 

ルートB:空腹ルート

某飲食店レビューサイトで高得点のカレー屋&イタリア料理屋を筆頭に、映画のロケ地になった居酒屋など、名店が軒を並べるルート。

しかし、冷蔵庫には食材が・・・。

 

ルートC:趣味全開ルート

古本屋やアンティーク雑貨屋で買い物を楽しんだあとは、陽気な音楽が流れるミュージックバーでホロ酔いになるハッピーなルート。

しかし、欲望に負けて散財が確実・・・。

 

 

と、さんざん迷うのですが、だいたい結果はこんな感じです(下図)

 

 

さて・・・前置きが長くなってしまいましたが、実はWeb動画にも、このようにルートを選択できるなどの仕掛けを持った「インタラクティブ動画」という技術が存在します。

 

 

インタラクティブ動画とは

これまでの動画は「配信者側が見せたい内容を見せる」という一方通行のものでしたが、インタラクティブ(=双方向)という名の通り、視聴者も動画の中に参加できる“仕掛け”を組み込んだ動画です。

 

[インタラクティブ動画でできる“仕掛け”の例]

■動画中に選択肢を表示し、ストーリーが分岐する

■動画中に表示されるボタンをクリックしたり、マウスオーバーしたりすることで、詳細情報・補足情報を表示させる

■動画中にリンクを設置し外部サイトに移動する

などの仕掛けがあります。では、実際にインタラクティブ動画の事例を見てみましょう。

 

 

ストーリーの展開が選べるパターン

大塚製薬「Brunch with the Girls」

こちらはサプリメントの広告です。

ドラマ仕立てになっており、ロサンゼルスで華やかな暮らしをする四人組の女性が主人公です。彼女たちは優雅にブランチを楽しみながら、それぞれのこの後の予定について話しています。

夜のデートに備えてブティックにドレスを選びに行くローレン、健康管理にうるさい彼氏とデザートを食べに行くエマ、夫からのプレゼントのフェイシャルエステを受けるジュリア、イケメントレーナーを目当てにジムに出かけるクロエ。

ここで視聴者は、ストーリーの続きが気になる女性を一人だけ選びます。

 

そして、それぞれのストーリーの中でも、どのドレスを買うか、どのデザートを注文するか、どのエステを受けるかなどと選択肢が別れており、視聴者が選んだルートによって彼女たちの休日の結末が変わります。

ストーリーを最初から最後まで見ると5分以上もかかりますが、あまり「広告」だということを意識せずに、つい楽しみながら最後まで見てしまいました。

また、ストーリーには彼女たちの美容や健康を保つアイテムとしてサプリメントがさりげなく登場し、ドラマの最後には視聴者のライフスタイルに合ったサプリメントを診断するウェブサイトにリンクしており、自身に合った商品を知ることができます。

 

 

更に情報を提供するパターン

nano・universe「feel in bones 「触れる」動画」※リンク先の動画では操作ができません。

こちらはアパレルショップの広告です。

男性モデルが登場し、身につけているシャツやベストといった商品にカーソルを合わせると、商品の詳細をチェックすることができます。更に、ECサイトにリンクしてあり、欲しい商品をすぐに購入することが可能です。

 

 

 

Avicii「Waiting For Love(360 Video)」

世界的な人気を誇る音楽プロデューサー、アヴィーチーのミュージックビデオです。360度の映像が見られるボタンを設置し、視聴者が自由に操作してスタジオの好きな場所を見ることができます。

 

このように、インタラクティブ動画ならではの特性をうまく活用した数々の動画が作られています。ただ「見る」だけではなく、楽しみながら「参加する」という体験のおかげで視聴者の印象に残りやすい動画ですね。

 

詳細な広告効果測定が可能

インタラクティブ動画には、視聴者のアクションの計測・分析ができるというメリットがあります。

基本的にWeb動画では、再生回数や視聴完了数といった指標による広告効果の測定ができますが、インタラクティブ動画では更に細かい数値の把握が可能です。

例えば、どの商品が一番多くチェックされているのか、どの程度の割合でWEBサイトにアクセスされたかといったデータまでも確認できるので、より詳細な効果測定が可能となり、今後の広告戦略に役立てることができます。

 

ファンユージュアルでもインタラクティブ動画の制作のお手伝いができますので、お問い合わせをお待ちしております!

Web動画制作・動画マーケティング専門のファンユージュアルサービス内容はコチラ

 

動画広告を考える前に整理すべき7つのこと【2:何をどう伝えたいかを明確にする】

ヒラメキ

 

前回の投稿で誰に広告を見せるのかというターゲティングについて書いていきました。

企業が売り込みたい商品を自己分析し、どの層にターゲティングを絞り込まないといけないのかを明確にするという内容でした。

そのターゲティングが終わったら次は何をどう伝えたいのかを考えていきましょう。

 

何をどう伝えたいのかを明確にする事の大切さ

ターゲティングも終わり、さてこれから動画広告を作ろうというところで、目立とうとして奇をてらったような動画を作ろうとしていませんか?そんな動画を作ったところで、そのインパクトだけが残ってしまい、商品のイメージが薄れてしまうなんて事にもなりかねません。

また、商品の素晴らしさを伝えようとして様々な趣向を凝らすことは悪いことではありませんが、何でもかんでも詰め込んでわかりにくくなってしまっては元も子もありません。

まずはアピールしたいポイントをいくつか定め、さらにその中でも一番注目してほしいポイントを一つ定めましょう。

その一番注目してほしいポイントを動画の最初に入れると、広告が表示されたすべてのユーザーに見てもらえる事ができます。

そしてそのポイントに興味を持って、視聴を続けてくれた方に向けて、次は2番目3番目にアピールしたいポイントを伝える事が出来ればよいでしょう。

逆に、あれも伝えたい、これも伝えたいで1本の動画にまとめようと欲張ると何を伝えたい動画なのかわからなくなってしまい、逆効果です。動画は盛り込むことよりも情報を切り捨てる方が肝心なのです。

 

何を伝えたらよいのか

では自社商品をアピールするにあたって、どんな点を伝えればよいのでしょうか。

ここで注意する点としては、【自社製品の事だから自分たちが一番良く分かっているはずだ】と考えることです。

このように考えてしまうと、ユーザーから見たメリットと社内のメリットがかけ離れていた場合にアピールにならないどころか、逆に不快感を与えてしまう恐れもあります。

そのため、自社製品の分析をしたり、それを使っている方の意見や話を聞いたりして、見つかったメリットをいくつもまとめておきましょう。己を知らざれば・・・何とやらですね。

そのメリットの中からユーザー視点で考えたり、企業視点で考えたりして、アピールしたいポイントをいくつか決めていきましょう。この時にアピールしたいターゲット像:架空のAさんを1人具体的に想像してみて、その人に実際に見せた時どんな反応が返ってきそうか?を予測するとよりリアリティが増します。

 

時には視点を変えることも重要

この商品はここをアピールできる、ここがメリットだと考え、そこをアピールするポイントとして考えることも良いのですが、少し視点を変えてみることでそのアピールポイントがもっと際立つかもしれません。

例えばカレンダーを販売している企業が、文字が大きくて見やすい、スペースが大きくて予定を書き込みやすいといった事をアピールしたのでは、他にも似たような商品が出てきた場合、埋もれてしまいます。

そこで、スペースが大きくて予定が書きやすいのであれば、実際に家族が旅行の予定を書き込んでいるところを表示してアピールしたり、結婚記念日等を書き込んだりする、また利用者が60歳以上の老眼の人たちが実際に使って満足しているシーンなど、見ている人が共感し、興味を持ってくれるような構成を考えることも大切です。

ただし、そちらの方に気を取られすぎて本当に伝えたいポイントがぼやけないようにも注意です。

 

アピールポイントをどう伝えるのか

アピールポイントが定まったら、そのポイントをどう伝えたら視聴者により良く届くのかを考えましょう。

ひとつ前にも書きましたが、ただアピールしたいポイントをまっすぐに強調するのではなく、少し視点を変えてみることも大切です。

例えばその商品のアピールポイントを出演者に喋らせるのか、それとも文字や映像で分かりやすくアピールするのか、伝える方法にもこだわりましょう。

ストーリー性の動画にして、その中に商品を登場させたり、商品のメリットが際立つような演出を入れたりなど、実に多くの手法があるため、その中から最もアピールしやすい方法を選ぶと良いです。

動画広告の場合、従来の文字や写真だけの広告とは異なり、伝える事ができる情報量がかなり多く、かつ直感的に文字、写真、映像、音声など、様々な情報を短時間で伝えることができます。

上記のような工夫と見せ方、構成を練ることでバッチリはまった時には優秀な営業マンとして自社製品を24時間ネット上でPRしてくれることになるでしょう。

 

今回は伝えたい事を明確にするという内容で書いてきました。分かっているようでなかなか難しいことなのですが伝えたいことを明確に決めることが大切。明確にするためには情報をきちんと取捨選択しなくてはなりません。特に「捨」の部分が難しいと思いますがぐっと思い切って情報を整理していきましょう。

また情報が一方通行になっていないか?視聴者にとって有益な情報になっているか?きちんと視聴者の視点に立って探すことが大切ですね。

また、どんな表現方法にするかなどの伝え方に関しては、初めて動画広告を作る方には少し難しいかも知れません。

そんな時は動画制作会社の方の意見を参考にしたりして模索していくと良い方法が見つかるかもしれませんよ。

ということで次回は実写・アニメーション・CG・グラフィックスなど数ある映像の表現手法とその特徴について述べていきたいと思います!

 

 

株式会社Funusual

記事に関するコメント・お問い合わせお待ちしております!

【おさらい】動画マーケティングの基礎

066016

 

テレビCMと動画広告

昔からテレビを見ていると様々な商品や企業のCMが入り、つまらないのでそのたびにチャンネルを変えていたら良いところを見逃したことも多々ありました苦笑

企業にとっては大事なアピールする時間であっても、ユーザーにとってはタイミングが悪ければ嫌がられてしまうことも多いテレビCM。

さらに近頃はパソコンやスマートフォンで様々な情報を取り入れることができるようになり、気になったことや欲しいものの情報はすぐさま調べる人が増え、興味のないCMがたくさん流れるテレビは見ないという人が増えている傾向にあり、実際に月9などのテレビドラマ視聴率は軒並み低下しており、テレビ局の株価も下落傾向です。

そんな中最近の中小企業のサービスや商品アピールの場所はテレビCMからインターネット上にシフトしているようです。

続きを読む

動画制作事例①「小規模事業」

フラッツ102

 

皆様GWはいかがお過ごしでしたでしょうか?Facebookのタイムライン上では楽しそうな投稿ばかり・・・。そんな私も出先で綺麗な風景などに巡り会うとついつい撮影してしまいます。

 

さて、そういえば日々制作している動画をブログで紹介したことがあまりなかったので、これを機に業種別にどんな要望で、どんな目的で制作したのかを解説しながら制作した動画とマーケティングも含めてご紹介していきたいと思います。

 

■個人に合わせた足のインソールを成型する靴屋さん

フラッツ102コンフォートという仙台市にある小さな靴屋さん。

ですが、技術はとってもすごいんです。

ドイツの最先端の靴成型技術を学んだシューマイスターが様々な器具を駆使し、それぞれに合った足型にインソールを成型。ひざの痛みや外反母趾、扁平足など変形してしまった足をオーダーメイドインソールにて作成。普段使う靴にインソールを仕込んでおき、歩いていることで徐々に歪んだ骨格が矯正されていきます。

 

シューマイスター 臨床実験指導者 大野 晋平さん

臨床実験指導者 大野 晋平

 

動画を見れば分かる通り、非常に繊細な技術で足や靴を蘇らせます。

 

今回こんな小さくとも素敵なお店をFunusualはどういう想いで動画にしたのかを説明していきたいと思います。

 

■今回の目的は「動画背景」及びWEB埋め込み

WEBも活用していきたいが、なかなか運用が難しい。そんなときでも動画を埋め込めば現在のWEBにインパクトを与えられるのではないかというニーズでした。

制作した動画を動画背景(「近頃のWEBサイトデザイン」にてサンプルご紹介)にするためには15〜30秒程度の尺でそれぞれのカットが一目で「おっ」と思えるものでなくてはインパクトは与えられません。そのため、ミシンで「ダダダダ」と糸を縫うシーンやスタビライザーで店内を歩き回るシーンなどを撮っています。

 

フラッツ102コンフォート1

フラッツ102コンフォート2

 

■埋め込み用動画にはストーリーを

動画背景の目的は「パッと見て一瞬で情報を伝える」ことにあるので、印象的なカットをパッパッとつないでいくだけでいいのですが、埋め込み用の場合では再生したときに視聴者がきちんと見てくれるように構成を考えなくてはなりません。

冒頭には「なんだろう?」と思わせるカット、序盤でお店の外観を伝えつつ、入店していくイメージを。

内装や扱ってる商品をBGMに合わせてテンポよく映し、中盤には一番動きのある「技術」の部分にフォーカスしていきます。こういう小さな工房はあえて小汚い雰囲気がいい味を出しているので、あえて周辺を片付けたりせずにありのままで撮影しました。

終盤は序盤と繰り返し似たようなカットで「こういうお店だよ」ということを視聴者に覚えてもらう。

そして最後にお店の情報をシンプルに。という構成になっています。

 

■基本的に尺は60〜90秒

お店の紹介動画やイメージビデオ、PVは基本的に再生してくれたとしても約半数以上が全体尺の半分で離脱してしまいます。全体尺が長ければ長いほどその結果は顕著に表れます。ですので、今回はキリよくほぼ60秒にまとめ、無駄な説明やテロップなども入れず「見ていて気持ちいい」動画を作ることに重きを置きました。

何かの操作や使い方を詳細に説明する動画なら5分でも10分でもいいのですが、イメージビデオを「高い制作代だから」と言って無駄に長く作るのは逆効果です。それよりも短い尺でたくさんのカットを贅沢に使う方が見ている人にとって飽きない動画になります。

 

■細かいところもこだわる

 

こちらの画像を見比べて、違いがわかるでしょうか?

フラッツ102コンフォート3

フラッツ102コンフォート4

カメラの寄り具合もそうですが、下の画像は青空になっています。

上の画像を見れば分かる通り、撮影した日は曇り。(撮影終わってから晴れてきましたが。。)どーしても終盤にさわやかな印象を持たせたかったので合成で晴れを作りました。細かいところですがだいぶ爽やかさが違うと思います。動画制作にはこういった言われないと気づかないような細かい趣向が多数凝らされています。

 

いかがでしたでしょうか?

動画背景・埋め込み用の制作事例でした。

 

株式会社Funusual

Instagram

記事に関するコメント・お問い合わせお待ちしております!