今年のWEB動画のトレンド?ライブコマース動画とは

 

ファンユージュアル 東海林です。

これまでの記事では「パーソナライズド動画」、「インタラクティブ動画」など、新しいWEB動画の形をご紹介してきました。今回は、最近のWEB動画のトレンドを語る上では外せない「ライブコマース 動画」についてご紹介します。

 

ライブコマース動画とは

動画を活用したインターネット通販(Eコマース、EC)の形態の一つで、タレントやインフルエンサー等がライブ動画を配信し、視聴者はリアルタイムに質問やコメントしながら商品を購入するというものです。

一見、テレビショッピングと似ていますが、すぐその場で商品について質問ができることが特徴であり、まるでお店で店員さんと会話をするかのように「リアルタイムでコミュニケーションができる通販」です

通販では、「イメージと違かった」、「サイズが合わなかった」などと失敗をしがちですから、事前に確認ができるというメリットは大きいですね。

メルカリチャンネル公式サイトより引用

 

 

ライブコマースのブームは中国から

ライブコマース動画は、2016年頃に中国のEコマース大手・アリババが普及させていったと言われています。

アリババは、以前より11月11日の「独身の日」を、多くのブランドが半額近く割引するバーゲンセールの日とし、中国最大のEコマース商戦日として仕掛けてきました。

そして、もともと中国では「ライブ動画配信アプリ」がスマホユーザーの約半数に使用されるほど人気が高かったのですが、アリババはそのアプリの中でも人気が高い「一直播」で8時間にわたって通販番組のライブ配信をしました。番組にはサッカーのベッカム選手などの超有名人ゲストを招き、割引クーポンの配布を行ったところ、「独身の日」のたった1日だけでアリババの通販サイトでは約2兆円近い売上に達したそうです…。(す、すごい桁だ)

アリババのECサイト「淘宝」のライブコマース「淘宝直播」より

日本での認知・普及はこれから

一方で、日本での認知・普及はこれからに期待といったところです。

今夏、マクロミルが15歳〜49歳の男女2万人に実施した調査によれば、ライブコマースを「知っている」と回答した人の割合は約30%という結果でした。

続いて、「知っている」と回答した人のうち、実際にライブコマースを見て商品を購入した経験がある人の割合は、14%という結果になりました。なお、この結果を男女別で見ると、実際の購買行動に至った男性は20%、女性は7%となっており、どちらかと言えば男性に積極的にライブコマースが活用されているようです。

出典:マクロミル「ライブコマースの利用状況を大調査!ライブ配信の視聴も商品の購入も男性が積極的」

https://honote.macromill.com/report/20180705/

 

詳細は次章でご紹介しますが、日本でライブコマースのサービス提供が本格的に始まったのは2017年頃からであり、現時点では日本人の生活に幅広く浸透しているとは言い難いのが実情です。

しかし、日経トレンディの「2018年ヒット予測100」の2位にライブコマース動画がランクインし、最近はキャッチーなTVCMソングでおなじみの「Tik Tok(ティックトック)」などのライブアプリが普及しつつあるので、今後の伸びしろに注目したいところです。

 

日本のライブコマースサービス

続いて、日本の代表的なライブコマースサービスについてご紹介します。

メルカリチャンネル(2017年7月サービス開始)

https://www.mercari.com/jp/mercari-channel/

フリマアプリのメルカリが運営しています。ライブコマースではタレントやインフルエンサーを起用した動画配信が大半ですが、通常のメルカリと同じく一般ユーザーもライブコマース配信ができるのが大きな特徴です。

Live Shop!(2017年6月サービス開始)

https://liveshop.jp/

こちらはタレントやインフルエンサーを起用し、メイク術や着こなし術など、広告色を前面に出さない「HOW TO形式」の動画の配信が多いのが特徴です。実際にサイトにアクセスしていただけるとわかりやすいのですが、ファッション誌の記事のような番組がたくさん配信されています。

BASE LIVE(2017年9月サービス開始)

https://thebase.in/baselive/

雑貨や食品、ハンドメイドグッズなど幅広いジャンルの商品を販売し、毎日10:00~21:59の間にライブ配信がされています。画像のように作業風景が見られるのもユニークですね。

 

この他にも、今年8月にはKDDIとエブリーが共同で「CHECK」の提供を開始し、ヤフーでも昨年11月に開始した「ヤフー!ショッピング LIVE」の配信に合わせてポイント5倍サービスを行うなど、大手の参入も相次いでいます。

ママさん向けのライブチャンネルが多い「CHECK」

ライブコマース活用のキーポイント

 

(1)商品が持つストーリー性

全ての商品がライブコマースに向いているとは限りません。毎日買っているパンや牛乳について紹介をしたところで仕方がないように、今まで知らない情報だからこそ「気になる!」、「知りたい!」と思えますよね。例えば、新しい機能を搭載した商品や、どこでも簡単に買えない商品などは、どんどんとストーリーが広がるので、視聴者の興味関心を集めやすいですね。

ちなみに、ライブコマースでは男性の購買率が高いことからも、電化製品など高額なガジェット系の新商品には特に相性が良いのかもしれません。実際の動きを見たり、機能について質問ができたりすることで、高額なアイテムの購入のハードルを下げてくれそうですね。

 

(2)動画を見たくなるようなイベント性

これまで、国内外のライブコマースでは、インフルエンサーの買い物に同行したり、ファッションショーの会場から中継したり、芸能人が着用した商品を販売したり…など、普段の買い物ではなかなかできないシチュエーションで商品を販売してきました。このように「見たい!」と思えるような番組作りが求められています。

 

日本では、2017年が「ライブコマース元年」と呼ばれ、様々なライブコマースサービスが提供され始めました。まだまだ発展途上ではありますが、動画活用の可能性やチャンスが私たちの生活に広がりつつあるのを感じました。なお、多くのライブコマースサービスが法人向けに機能を提供しておりますので、活用を検討される際には弊社にご相談いただければと思います。

今回もお読みいただき、ありがとうございました。

SNSの動画広告の特徴ーFacebook・Instagram・Twitter編ー

 

ファンユージュアルの東海林です。

 

今日はSNSを活用した動画広告についての話題です。

FacebookやInstagram、Twitter・・・もはや生活の一部と言っても過言ではないほど、SNSは日常に欠かせないツールになりましたね。

主なSNSの国内月間アクティブユーザー数(月に1度以上の利用をするユーザー数)を調べてみると、Facebookは約2800万人、Instagramが約2000万人、Twitterが約4500万人と計測されています(注1)。

 

■さりげなーいSNS広告

SNSのタイムラインを眺めていると、友人・知人のつぶやきや写真の投稿の間に、広告がさりげなく挟まれていますよね。

私はInstagramで世界中の方々が撮影したおしゃれな写真を見て、色遣いや構図を参考にするのが好きなのですが、「あ、今の写真は広告だったのか!」と、すぐには広告だと気が付かないような“インスタ映え”するデザインの広告に遭遇し、驚く事がしばしばです。みなさまも同じように感じた事があるのではないでしょうか?

 

このように、SNSの広告は、ユーザーの年齢や性別といった属性の他、興味関心があるテーマに沿ってタイムライン上に配信されるため、「さりげなく、あまり押し付けがましくない広告」といった印象があります。

 

また、最近は、タイムラインに動画広告が表示される事も増えてきたな、と感じています。

そこで、主要なSNSの動画広告の状況について情報をまとめてみました。

 

■Facebook 〜ビジネス層向け〜

動画広告はタイムライン上または、右側のバナー欄に配信されます。

また、主要なSNSの中では制作形式の自由度が一番高い媒体です。動画の縦横比も16:9、9:16、1:1、2:3など様々な比率に対応しており、配信時間はなんと最短1秒から最長240分(!)までと、表現への制限が少ないSNSと言えます。

あらゆる表示方法ができるのも特徴です。360度動画や、複数の動画を横に並べられる「カルーセル広告」にも対応しており、様々な広告表現ができるフォーマットを多数用意しています。

 

また、広告のターゲット選定に大事となるユーザー層のデータですが、Facebookは20代から60代までのおおむね3割から4割の方に利用されています。20代と30代については女性ユーザーが6割、40代から60代については男性が6割程度を占めていますが、後述するTwitterやInstagramの利用者層に比較して、年代・性別のばらつきが少なく、万遍なく利用されているという傾向があります(注2)。

 

■Instagram 〜おしゃれな若者向け〜

こちらも広告の表示位置には2パターンあります。

一つは、タイムライン上に配信する広告です。インスタグラムならではのかわいい正方形型の動画または長方形型の動画広告が配信出来ます。

もう一つは、インスタグラムストーリーズに表示できる広告です。ストーリーズとは、通常のタイムラインの投稿とは別枠で動画や画像を投稿できる機能で、タイムラインよりも気軽に日常の様子をアップしているユーザーが目立ちます。こちらにも、縦長の動画広告が最長15秒で配信出来ます。

 

Instagramのユーザーの特徴は、20代〜40代の利用割合が高く、その中でも約6割が女性ユーザーになっています。また、ストーリーズは10代に人気が高く、活発に利用されています。よって、ファッションやコスメ、グルメや旅行など、若者や女性が好むライフスタイルに関連するサービスとの広告の相性が良いでしょう(注3)。

 

■Twitter 〜10代・おふざけ系・ちょいオタクさん系向け〜

ツイートと同時に動画を表示する「プロモビデオ」機能がメインとなりますが、広告配信の目的に応じて、ウェブサイトへのリンクを貼れる「ビデオウェブサイトカード」、アプリのダウンロードを促せる「ビデオウェブサイトカード」とがあります。

また、昨年より、Twitterのコンテンツパートナー企業が配信するお笑いやスポーツ等の人気動画番組の冒頭に、再生してから6秒間はスキップできないインストリーム型の動画広告の配信も開始されました。番組と親和性が高い内容の広告を配信する事で、よりインパクトのある宣伝が可能となります。

 

Twitterのユーザー層は、10代と20代の6割以上が利用している一方で、30代から50代は3割程度に留まっており、圧倒的に若年層のユーザーが高いことが特徴です(注4)。若年層をターゲットとした広告活動にふさわしいと言えるでしょう。また、リツイート機能によって、つぶやきがに多くのフォロワーに拡散されるので、良い内容の広告や面白い内容の広告は「バズる」可能性も高いですが、一歩誤れば、瞬く間に「炎上」してしまう可能性も高いので、気をつけねばなりません。(どの広告にも同じことが言えますが、特にリツイート機能で活発に情報をシェアする機会が多いTwitterでは一層の注意が必要ですね)

 

(注1〜4)SNSの月間アクティブユーザー数、ユーザーの属性については下記のデータを参考にいたしました。

㈱ガイアックス様 ソーシャルメディアラボ 「2018年3月版 主要SNSユーザー数データまとめ」

http://www.fantastics.me/documents/service/SNSuserdata_201803.pdf

 

 

■SNS動画広告を活用した事例

https://www.facebook.com/business/success/weddingpark

Facebookの動画広告を利用した、全国の結婚式場の検索・クチコミサイトの事例です。

主に首都圏に住む20~35歳の女性をターゲットに選定し、「結婚式は準備から楽しめる」をテーマに、結婚式に向けて準備を楽しむ花嫁の姿をストーリー化し、結婚式場の飾り付けや演出などのイメージを膨らませられるような工夫を凝らしました。

 

SNSはスマホで閲覧されることが多いため、縦型の動画広告を利用し、画面いっぱいにブランドイメージや世界観を表現したのも特徴となっています。スマホで動画広告を見る際、わざわざ画面を横にして視聴することなく、そのまま縦で閲覧出来たほうが楽=視聴率向上につながりやすい、という利点もありますね。

なお、同時に、サイトへのコンバージョンを目的とした広告も配信したそうですが、ブランドイメージの浸透を目的としたこの動画広告と並行して配信した期間の方が、コンバージョン率が1.9倍に拡大したとのことです。

 

■まとめ

スマホの大画面化や高速通信化が進み、動画をいつでもどこでも視聴できる環境が整ってきため、1日に何度も閲覧されるSNSの動画市場は、ますます拡大していくと考えられます。それぞれのSNSのユーザー層や利用形態・閲覧形態、動画広告の表示形式の違いを理解しながら宣伝を行うことが重要となりますので、媒体選定や動画制作をご検討される際には、どうぞお気軽に弊社までお問い合わせください。

今回もお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

Web専門の動画制作・動画マーケティングのファンユージュアルサービス内容はこちら

 

 

 

あなたは明確に答えられる? ー「広告」と「広報」の違いとは?ー


 

株式会社ファンユージュアルの東海林(しょうじ)です。

 

さて、冒頭からいきなり質問です。

「広告」と「広報」の違いは何でしょうか?

 

・・・以前、弊社代表の大野からこう質問をされました。

 

しかし、当時の私はぼんやりしたイメージしか浮かばず、

 

(広告・・・チラシ!)

(広報・・・広報担当として取材対応をしているキラキラしたお姉さん!!)

 

という貧相な発想しか浮かびませんでした・・・。

 

 

 

でも、広告や広報って、ついつい混同して使いがちですよね。

みなさんは明確な答えが浮かびましたか?

 

①「広告」とは?

まず、広告ですが、こちらは割とイメージがしやすかった方が多いのではないかと思います。

 

広告とは、TV、新聞、雑誌、WEBといったメディアに掲載費用を払って、企業や商品について伝えることです。

 

 

掲載期間や掲載時期、アピールしたい内容や表現方法について、企業側での決定が可能です。

このため、商品やサービスの特長をユーザーに印象づけるために、インパクトのある表現・記載が自由にできます。

もちろん、虚偽情報や誇大情報はいけませんし、メディアごとの掲載基準がありますが、ある程度主観的な発信ができるという特長があります。

 

また、近年はTVや新聞のような従来からのメディアだけではなく、SNSに広告を掲載する企業も一般的になりましたね。

 

 

②「広報」とは?

一方で、広報は、「パブリック・リレーション(PR)」とも言われ、社会と良好な関係性を築くことです。

 

これだけではちょっとわかりにくいですが、具体的な活動としては、メディアに向けて企業や商品の情報を提供し、ニュース番組や記事などに取り上げてもらうことを目的としています。

簡単にいうと、ネタ提供といったところですね。

 

 

主に自社のウェブサイトやプレスリリースを用いてメディアに情報提供をするため、広告に比較して費用がかかりません

また、記者・編集者といった第三者の視点を通じて、ユーザーに情報が発信されるため、より客観的であり内容の信頼性が高いと言えるでしょう。

 

しかし、その情報を取り上げるかどうか、いつ何をどのように掲載するかどうかについては企業がコントロールするのではなくメディア側が決定します。

なので、企業は広報活動を行うタイミングや提供する情報についての戦略が重要となります。

 

このように、広告と広報には、費用、決定権、制作者、信頼性などといった違いがあり、それぞれが持つメリット・デメリットを補完しあう関係となっています。

広告と広報の、意味合いや目的が異なることがおわかりいただけましたでしょうか。

 

動画による広報活動がメディアに取り上げられた事例

 

今年の母の日を前に、西武・そごうでは、東大生を対象に「2018年全国一斉母の日テスト」なるイベントを開催しました。

自身の母親にについてどれほど知っているか100問にもわたる質問をし、その様子を捉えた動画を公式ウェブサイトで配信しました。

 

 

【西武・そごう】東大生が挑戦。簡単そうで意外と解けないテストって何!?

 

テストでは「あなたの母の好きな色は?」、「あなたの母の星座は?」といった比較的答えやすい質問から、「あなたの母があなたに言われて一番印象に残っている言葉は?」、「あなたの母があなたを誇らしいと思っていることはどんなことか?」といった普段の会話ではなかなか知りえない質問まで様々でした。

 

意外と知らないお母さんについての質問に四苦八苦しながら回答し、いよいよ答え合わせの時間。

その採点方法は、自分で母親に電話をかけて、答えをきくという自己採点方式でした。

 

 

電話でお母さんと話し、お母さんのことをもっと知る・・・そして、お母さんから見た自分を知る。思わず涙がでてきそうな内容でした。

 

 

そして、感動的な動画が話題となり、TV番組や、インターネットでも取り上げられました。

その効果もあって、なんと公式ウェブサイトの動画公開開始からわずか一週間で35万再生に達し、現時点では126万再生を超えています

 

 

広報・PRの取り組みの流れ

 

ファンユージュアルでは、動画広告制作のほか、広報戦略についてもご相談を承っております。

 

[広報・PRの取り組みの流れ]

1:クライアント様の課題感をヒアリング

2:話題になるようなキャンペーン・動画企画を提案

3:リリース後、各種広告やインフルエンサーを活用してメディアにリーチ

4:TV、新聞、WEBなど各種メディアによる取材

5:さらに大々的にキャンペーンが広まる

 

といった流れです。

メディアに取り上げられるコツは、第三者(視聴者、ユーザー)の目線に立ったキャンペーンや動画内容を作り上げることです。

プラップジャパンというJASDAQ上場の企業と提携して、メディアに取り上げられるような広報活動が可能です。

 

「単に動画広告を作るだけではなく、より効果的な広報活動もしたい!」とお思いのご担当者様は、ぜひお気軽にファンユージュアルにお問い合わせ下さい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画素数に惑わされる消費者 – 画質を左右するのは解像度だけじゃない!

 

 

どうも、家族セブ島に行って1日数十枚、スマホで撮った写真が送られてきて、

南国の綺麗なビーチはなにで撮っても映えると痛感したニコラスです。

 

 

そういえば、数年前までテレビをつければ 「何万画素」といった謳い文句で画質をアピールしていたカメラや携帯のCM、最近になって見なくなったと思いませんか?

未だに一般消費者の認識では

「高画素」=「高画質」

になっていますが、違うんです。

 

2000万画素.jpg

続きを読む

テレビ離れが進む若者から学ぶこと:ニッチなマーケットを狙え!

 

 

どうも、Funusual のニコラスです。

若者のテレビ離れが深刻らしいです。

gn-20160301-13.gif

gn-20160301-14.gif

 

こちらNHKによる2015年国民生活時間調査から抜粋したデータです。

10代、20代のテレビ離れがこのグラフからみてとれます。2000年には10代の1日のテレビ平均視聴時間は二時間を越えていたいましたが、今は一時間半ちょっとです。年々減っていってます。

 

1.png

 

 

かくいう私もテレビを見ません。リビングにポツンと置いてあるテレビは月1で借りるツタヤの新作を観る時に使うくらいです。映画でさえ、NetflixAmazon Prime等を使ってパソコンで観てしまうので我が家ではテレビはもはやインテリアと化してます。

20代の周りの友人に聞いてみても普段テレビをみないって方が非常に多いです(体感的に3~4割)。年越しとオリンピックぐらいにしかテレビを点けないらしいです。

 

 

続きを読む