写真だけで奥行きを出す! 目の錯覚を使ったパララックス効果とは? 

株式会社FunusualのCG担当、堀です。
今回はパララックス効果というものをご紹介します。

まずは以下の2つの映像をご覧ください。

上の動画より下の動画の方が奥行きを感じませんか?
これがいわゆる「パララックス効果」なのです。

 

―パララックスって?―

パララックス”Parallax”は「視差」という意味で
物を見る場所の違いによる物の見え方の違いを表します。
文字だと少し複雑に聞こえますね。笑
パララックス効果を図で見てみましょう!

これはある人物がある地点からを見たときの図です。
の左側にいますね。

 


次に別の地点からを見たときの図です。
今度はの右側にいますね。
このような視点の違いによる見え方の違いこそが視差=パララックスなのです。

 


地点AからBへの移動を動画にするとこうなります。
これを見てわかる通り、物が近ければ近いほど速く、遠ければ遠いほど遅く動いているように見えますね。

「どうしてお月様は歩いても歩いてもついてくるの?」

子どもの頃にこんな疑問を持ったあなた、これもまさにパララックスの影響なのです。
約38万km先にある月の動きは、あまりにもゆっくり過ぎてもはや止まって見えてしまいます。
歩いてると建物や山々はゆっくり動いて見えるのに対し、月は止まって見えているため
「ついてきている!」と錯覚してしまうんですね。

写真や画像から映像を作る際、このスピードの違いを意識することで
奥行きのあるリッチな映像を作ることに可能になります!

 

―パララックス映像の作り方―

動画編集ソフト上でパララックス映像を作る方法は
大きくわけて2つあります。

1.画像の大きさを変えて疑似的にパララックス効果を出す。(2D編集)
2.3D空間上で編集し、カメラを動かしてパララックス効果を出す。(3D編集)

まずは1のやり方を見てみましょう。

 

1.疑似的なパララックス効果


これらの画像を使って、疑似的なパララックス効果を出してみましょう。


まずは並べて配置します。
この時の重なり順は、近くの物が上に、遠くの物が下になるようにしましょう。


次にスケールを調整して遠近感を出します。
近くにあるものは大きく、遠くにあるものは小さくしましょう。
また、遠くにあるものは画面の上の方に持ってくると、より遠近感が出やすいです。


最後に動きを付けます。
近くあるものは早く、遠くにあるものは遅くすることで
あっという間にパララックス効果が出せます。

 

2.3D編集で作るパララックス効果

次に3D空間上で編集してパララックス効果を出す方法を見てみましょう。
3D編集となると使えるソフトは限られてきますが、
より手軽にパララックス効果を出すことが可能です。
※ここではAdobe社のAfter Effectsを使って説明していきます。


先ほどと同じように、画像を並べます。
この時、重なり順は気にしなくていい場合が多いです。
※編集ソフトによる


3D空間上で画像の位置を調整します。

 
スケール感がおかしくなってしまった場合は微調整をします。
また、位置も先ほど同様、遠くのものは画面上部に持ってきます。


視点を移動させればパララックス効果が出せるのですが、
After Effectsの場合は、視点として「カメラ」の設置が必要になります。

 


視点(カメラ)に動きを付ければ完成!

複数の写真を組み合わせれば、このようにリアルで奥行きのある動画も作れます!

 

―パララックス効果を使った映像たち―

パララックス効果を活用することで画面の中の世界に広がりが生まれ、
リッチで洗礼された印象を持たせることができます。

グラフィックが魅力的なこちらのゲーム。
シンプルな横スクロールながらも、高いグラフィック性とパララックス効果で
つい引き込まれる世界観になっています。

こちらのCMのように、横スクロールだけでなく
上下パンやズームインする動きでもパララックス効果を出すことができます。
背景要素は手書き風で2次元的ですが、パララックスによって奥行きが生まれ
リッチな印象を与える映像となっています。
また、ラストカットでは平面的な背景要素に立体的な商品を並べることで
商品の存在感を際立たせているのも面白いですね。

 

今回は、映像をリッチに見せる技法として「パララックス効果」をご紹介しましたが、
これ以外にも本当にたくさんの表現技法やテクニックがあります。

「リッチで魅力的な映像を作りたい」

「シンプルだけど惹かれる映像を作りたい」

そんなときはぜひ、Funusualへお問い合わせください!

 

CGなのに本物みたい!? 3Dトラッキング技術を使ったマッチムーブ映像とは?

 

どうも!

株式会社FunusualのCG担当、堀です。

突然ですが、「トラッキング」という技術をご存じでしょうか?

トラッキングとはCG(特に実写合成映像)で非常によく使われる技術で、

映像の中のある地点を追跡(Track)することを言います。

たとえばこちらのトラッキング映像では 、緑の吹き出しがスマホを追いかけることで、

スマホと吹き出しの動きが連動しています。

こちらのCMでは、00:05~00:07でポップな吹き出しがファンタのボトルに追従していますね.+゚ 

「あー!こういう映像見たことあるある!」という人もきっと多いはず。

 

 

―2Dトラッキングと3Dトラッキング ―

今挙げた映像たちに出てくるのは、2次元空間上にある、平面的な2Dトラッキングです。

つまり、「縦」「横」「斜め」の移動だけを追跡しています。

スマホの上の角をトラッキング

 

しかし今は2018年。時代はです。

今時のパソコンは、3次元的なトラッキングも簡単にできちゃいます!

はい、何が起こっているのかよくわからないですね。笑

実はこれ、以下の動画の3Dトラッキング情報なのです。

2Dトラッキングでは「縦」「横」「斜め」の移動を追跡していましたが、

3Dトラッキングではこれらに加え、「奥行き」の移動も追跡します。

―3Dトラッキングで何ができるの? ―

 

先ほどのファンタのCMでは、ファンタボトルの動きと吹き出しの動きが連動していました。

では、3Dトラッキングでは何が可能になるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

私たちの目に見えている世界は3次元です。

そして、パソコンで見る映像は平面なので2次元です。

その平面的な映像に対し、3次元的なトラッキングを行うことによって

その映像の中の世界にないものを、あたかも実在するかのように合成することができるのです!

 

先ほどの映像に

 

この映像を合成すると……

 

はいっ!

 

元の動画にはなかったCGが、空間に馴染むように合成できてしまうのです!

このように空間の動きとCGの動きを揃えて馴染ませることを「マッチムーブ」と呼びます。

実はここ数年で3Dトラッキングの技術が飛躍的に伸び、

CGを作る人であれば、比較的簡単にマッチムーブ映像が作られるようになったのです!

 

 

 

―実はたくさん見ている!

有名なマッチムーブ映像たち ―

 

今回ご紹介した、3Dトラッキング技術を使ったマッチムーブ映像。

実は実写にCGを合成する映像ではほぼ必ず用いられると言っても過言ではないのです。

例えば……

少し前に話題になった「シン・ゴジラ」。

景色とゴジラがリアルに合成されており、

本当に東京にゴジラがいるかの様ですね。

 

こちらのCMも、00:50~の撮影風景を見るとほぼ緑!

完成版ではたくさんのCGが合成されており、

見事なマッチムーブ映像となっています。

 

 

 

その場所に存在しない物を、まるでそこにあるかのように合成できる

トラッキング技術マッチムーブ

この新しい技術を活用した映像を作りたい!

そんなときはぜひ、Funusualへお問い合わせください! 

価値あるものを提供し続ける大切さ – 動画インフルエンサーマーケティングで抑えるべきポイント

 

 

前回の投稿でインフルエンサーマーケティングの概要をザクッと話しましたが今回は、

今注目されている動画におけるインフルエンサーマーケティングについて語ろうかと思います。

S__4546562.jpg
インスタグラムストーリーを活用するニコラス

 

従来のInstagramTwitterにあった静止画だけのインフルエンサーマーケティングからここ1年程で動画に対しての需要が非常に高まったと感じています。

 

というのも、Instagramにおける動画投稿をはじめとして

日常を動画で共有するストーリー機能ライブ配信機能

SNS上で静止画ではない

動画というものが非常に

身近にものになったからではないでしょうか。

そんな中で動画インフルエンサーマーケティング

効果的に行うにあたりいくつかの抑えるべきポイント

まとめてみました。

 

続きを読む

最近よく聞くインフルエンサーって何? – インフルエンサーマーケティングという新しい広告のあり方

 

どうも、オフィスの中で 乃木坂46 の「インフルエンサー」を踊るニコラスです。

influencernicholas.png

 

この インフルエンサー って言葉、ここ最近よく聞きますよね

なんせ、歌にもなっちゃうくらいなんですから!

僕もインフルエンサーなりた~いです!!!

「でもそもそもインフルエンサーって何?」

 

この言葉の意味をわかっていないもしくは、なんとなくしかイメージが付いてない方が多いと思います。現在ではインフルエンサーと聞くと インスタグラマーやYoutuberというイメージが定着していますけど、元々は社会的に影響力を持っている人全般のことをインフルエンサーと言います。

なので有名なスポーツ選手芸能人歌手 等は皆インフルエンサーです。そんな有名な方たちの言動、私生活、ライフスタイル、ファッションは人に多大な

インフルエンス=影響 を与えます

でも、ここ最近ではSNSが急激に普及して一般人でも影響力を持った人が現れてきました。インスタグラムで数千、数万ものフォロワーを持つ女子高生や絶大な人気を誇るYoutuber など

現代の文脈でのインフルエンサーはこの 影響力を持った 一般人 を指すことが多いです(もはやそこまで影響力あったら個人的には一般人ではないと思っているのですが笑)

 

 

なぜ企業がこぞってインフルエンサーマーケティングを取り入れているのか

 

現在、企業がこぞってインフルエンサーを取り入れたマーケティングを行っています。

インスタの投稿に商品紹介をしているインスタグラマーをみたことがある人も多いのではないでしょうか?ご存知ない方も多いかもしれませんが、あれは企業さんが広告としてインスタグラマーに商品を提供し、レビューしてもらっているのです。

 

今までのCMやオンライン広告とは全く別の広告のあり方ですね。

 

スクリーンショット 2018-04-20 18.44.05.png

インフルエンサーマーケティングには様々なメリットがあります

・芸能人をわざわざ使わなくても相応の宣伝効果が得られるのと広告費用が抑えらることがまず第一に挙げられます。

 

・それと一般人と芸能人の間に位置するインフルエンサーはお客さんの親近感を得やすいという点

 

・あとは広告効果の測定が非常にしやすいという点

 

単純な視聴回数だけでなく、インスタグラムやYoutubeではトラフィック(どこから視聴されたか)視聴時間、エンゲージメント率(コメントやいいねの比率)はたまたサイトや購入に至るまでの誘導率まで

様々なデータを計測することができます!

今までの広告では非常にコストがかかった計測という作業が簡単にできてしまうのです。これは画期的で新しい広告のあり方だなと実感しております。

 

次回は動画によるインフルエンサーマーケティングについて

語ろうかと思います

もしも、

動画によるインフルエンサーマーケティングにお悩みの方がいましたら

Funusual が全力でサポート致しますので

ご気軽にお問い合わせくださいませ。

株式会社Funusual 動画制作サービス詳細はコチラ

おばあちゃんが教えてくれた、SNSにおける新しい広告の在り方。 – Facebook, Instagram…

 

こんにちは!株式会社Funusual、コンテンツ記事担当のニコラスです!

 

3O6A3637

 

ニコラスは移動中に必ずと言っていいほどスマホをいじりSNSに入り浸るのですが、以前よりすごい量の動画広告を見かけるようになったと感じております。しかも、自分の趣味嗜好に合致した広告とWEB動画業界全体のクオリティアップのおかげで思わず見入ってしまう内容が多いんですよ!

 

続きを読む