写真だけで奥行きを出す! 目の錯覚を使ったパララックス効果とは? 

株式会社FunusualのCG担当、堀です。
今回はパララックス効果というものをご紹介します。

まずは以下の2つの映像をご覧ください。

上の動画より下の動画の方が奥行きを感じませんか?
これがいわゆる「パララックス効果」なのです。

 

―パララックスって?―

パララックス”Parallax”は「視差」という意味で
物を見る場所の違いによる物の見え方の違いを表します。
文字だと少し複雑に聞こえますね。笑
パララックス効果を図で見てみましょう!

これはある人物がある地点からを見たときの図です。
の左側にいますね。

 


次に別の地点からを見たときの図です。
今度はの右側にいますね。
このような視点の違いによる見え方の違いこそが視差=パララックスなのです。

 


地点AからBへの移動を動画にするとこうなります。
これを見てわかる通り、物が近ければ近いほど速く、遠ければ遠いほど遅く動いているように見えますね。

「どうしてお月様は歩いても歩いてもついてくるの?」

子どもの頃にこんな疑問を持ったあなた、これもまさにパララックスの影響なのです。
約38万km先にある月の動きは、あまりにもゆっくり過ぎてもはや止まって見えてしまいます。
歩いてると建物や山々はゆっくり動いて見えるのに対し、月は止まって見えているため
「ついてきている!」と錯覚してしまうんですね。

写真や画像から映像を作る際、このスピードの違いを意識することで
奥行きのあるリッチな映像を作ることに可能になります!

 

―パララックス映像の作り方―

動画編集ソフト上でパララックス映像を作る方法は
大きくわけて2つあります。

1.画像の大きさを変えて疑似的にパララックス効果を出す。(2D編集)
2.3D空間上で編集し、カメラを動かしてパララックス効果を出す。(3D編集)

まずは1のやり方を見てみましょう。

 

1.疑似的なパララックス効果


これらの画像を使って、疑似的なパララックス効果を出してみましょう。


まずは並べて配置します。
この時の重なり順は、近くの物が上に、遠くの物が下になるようにしましょう。


次にスケールを調整して遠近感を出します。
近くにあるものは大きく、遠くにあるものは小さくしましょう。
また、遠くにあるものは画面の上の方に持ってくると、より遠近感が出やすいです。


最後に動きを付けます。
近くあるものは早く、遠くにあるものは遅くすることで
あっという間にパララックス効果が出せます。

 

2.3D編集で作るパララックス効果

次に3D空間上で編集してパララックス効果を出す方法を見てみましょう。
3D編集となると使えるソフトは限られてきますが、
より手軽にパララックス効果を出すことが可能です。
※ここではAdobe社のAfter Effectsを使って説明していきます。


先ほどと同じように、画像を並べます。
この時、重なり順は気にしなくていい場合が多いです。
※編集ソフトによる


3D空間上で画像の位置を調整します。

 
スケール感がおかしくなってしまった場合は微調整をします。
また、位置も先ほど同様、遠くのものは画面上部に持ってきます。


視点を移動させればパララックス効果が出せるのですが、
After Effectsの場合は、視点として「カメラ」の設置が必要になります。

 


視点(カメラ)に動きを付ければ完成!

複数の写真を組み合わせれば、このようにリアルで奥行きのある動画も作れます!

 

―パララックス効果を使った映像たち―

パララックス効果を活用することで画面の中の世界に広がりが生まれ、
リッチで洗礼された印象を持たせることができます。

グラフィックが魅力的なこちらのゲーム。
シンプルな横スクロールながらも、高いグラフィック性とパララックス効果で
つい引き込まれる世界観になっています。

こちらのCMのように、横スクロールだけでなく
上下パンやズームインする動きでもパララックス効果を出すことができます。
背景要素は手書き風で2次元的ですが、パララックスによって奥行きが生まれ
リッチな印象を与える映像となっています。
また、ラストカットでは平面的な背景要素に立体的な商品を並べることで
商品の存在感を際立たせているのも面白いですね。

 

今回は、映像をリッチに見せる技法として「パララックス効果」をご紹介しましたが、
これ以外にも本当にたくさんの表現技法やテクニックがあります。

「リッチで魅力的な映像を作りたい」

「シンプルだけど惹かれる映像を作りたい」

そんなときはぜひ、Funusualへお問い合わせください!

 

ゲームのようにストーリー展開が選べる!−見て、触れる「インタラクティブ動画」のご紹介−

 

ファンユージュアルの東海林(しょうじ)です。

 

個人的な話題で恐縮ですが、最近、引っ越しをしました。

 

引っ越し先の街には、おしゃれなカフェやレストランをはじめ、お洋服屋さんや雑貨屋さんも多く、毎日の暮らしが楽しいエリアです。

なので、会社からの帰り道に誘惑が多く、「今夜はどの道を歩いて帰ろうかな〜?」といつも迷ってしまいます。

 

最寄り駅から家に行くまでは、いくつかのルートがあります。

 

ルートA:最短ルート

一番ラクに帰れるのはこの道。コンビニがあるくらい。

しかし、せっかく魅惑的な街に住んでいるのに勿体ないルート。

 

ルートB:空腹ルート

某飲食店レビューサイトで高得点のカレー屋&イタリア料理屋を筆頭に、映画のロケ地になった居酒屋など、名店が軒を並べるルート。

しかし、冷蔵庫には食材が・・・。

 

ルートC:趣味全開ルート

古本屋やアンティーク雑貨屋で買い物を楽しんだあとは、陽気な音楽が流れるミュージックバーでホロ酔いになるハッピーなルート。

しかし、欲望に負けて散財が確実・・・。

 

 

と、さんざん迷うのですが、だいたい結果はこんな感じです(下図)

 

 

さて・・・前置きが長くなってしまいましたが、実はWeb動画にも、このようにルートを選択できるなどの仕掛けを持った「インタラクティブ動画」という技術が存在します。

 

 

インタラクティブ動画とは

これまでの動画は「配信者側が見せたい内容を見せる」という一方通行のものでしたが、インタラクティブ(=双方向)という名の通り、視聴者も動画の中に参加できる“仕掛け”を組み込んだ動画です。

 

[インタラクティブ動画でできる“仕掛け”の例]

■動画中に選択肢を表示し、ストーリーが分岐する

■動画中に表示されるボタンをクリックしたり、マウスオーバーしたりすることで、詳細情報・補足情報を表示させる

■動画中にリンクを設置し外部サイトに移動する

などの仕掛けがあります。では、実際にインタラクティブ動画の事例を見てみましょう。

 

 

ストーリーの展開が選べるパターン

大塚製薬「Brunch with the Girls」

こちらはサプリメントの広告です。

ドラマ仕立てになっており、ロサンゼルスで華やかな暮らしをする四人組の女性が主人公です。彼女たちは優雅にブランチを楽しみながら、それぞれのこの後の予定について話しています。

夜のデートに備えてブティックにドレスを選びに行くローレン、健康管理にうるさい彼氏とデザートを食べに行くエマ、夫からのプレゼントのフェイシャルエステを受けるジュリア、イケメントレーナーを目当てにジムに出かけるクロエ。

ここで視聴者は、ストーリーの続きが気になる女性を一人だけ選びます。

 

そして、それぞれのストーリーの中でも、どのドレスを買うか、どのデザートを注文するか、どのエステを受けるかなどと選択肢が別れており、視聴者が選んだルートによって彼女たちの休日の結末が変わります。

ストーリーを最初から最後まで見ると5分以上もかかりますが、あまり「広告」だということを意識せずに、つい楽しみながら最後まで見てしまいました。

また、ストーリーには彼女たちの美容や健康を保つアイテムとしてサプリメントがさりげなく登場し、ドラマの最後には視聴者のライフスタイルに合ったサプリメントを診断するウェブサイトにリンクしており、自身に合った商品を知ることができます。

 

 

更に情報を提供するパターン

nano・universe「feel in bones 「触れる」動画」※リンク先の動画では操作ができません。

こちらはアパレルショップの広告です。

男性モデルが登場し、身につけているシャツやベストといった商品にカーソルを合わせると、商品の詳細をチェックすることができます。更に、ECサイトにリンクしてあり、欲しい商品をすぐに購入することが可能です。

 

 

 

Avicii「Waiting For Love(360 Video)」

世界的な人気を誇る音楽プロデューサー、アヴィーチーのミュージックビデオです。360度の映像が見られるボタンを設置し、視聴者が自由に操作してスタジオの好きな場所を見ることができます。

 

このように、インタラクティブ動画ならではの特性をうまく活用した数々の動画が作られています。ただ「見る」だけではなく、楽しみながら「参加する」という体験のおかげで視聴者の印象に残りやすい動画ですね。

 

詳細な広告効果測定が可能

インタラクティブ動画には、視聴者のアクションの計測・分析ができるというメリットがあります。

基本的にWeb動画では、再生回数や視聴完了数といった指標による広告効果の測定ができますが、インタラクティブ動画では更に細かい数値の把握が可能です。

例えば、どの商品が一番多くチェックされているのか、どの程度の割合でWEBサイトにアクセスされたかといったデータまでも確認できるので、より詳細な効果測定が可能となり、今後の広告戦略に役立てることができます。

 

ファンユージュアルでもインタラクティブ動画の制作のお手伝いができますので、お問い合わせをお待ちしております!

Web動画制作・動画マーケティング専門のファンユージュアルサービス内容はコチラ

 

CGなのに本物みたい!? 3Dトラッキング技術を使ったマッチムーブ映像とは?

 

どうも!

株式会社FunusualのCG担当、堀です。

突然ですが、「トラッキング」という技術をご存じでしょうか?

トラッキングとはCG(特に実写合成映像)で非常によく使われる技術で、

映像の中のある地点を追跡(Track)することを言います。

たとえばこちらのトラッキング映像では 、緑の吹き出しがスマホを追いかけることで、

スマホと吹き出しの動きが連動しています。

こちらのCMでは、00:05~00:07でポップな吹き出しがファンタのボトルに追従していますね.+゚ 

「あー!こういう映像見たことあるある!」という人もきっと多いはず。

 

 

―2Dトラッキングと3Dトラッキング ―

今挙げた映像たちに出てくるのは、2次元空間上にある、平面的な2Dトラッキングです。

つまり、「縦」「横」「斜め」の移動だけを追跡しています。

スマホの上の角をトラッキング

 

しかし今は2018年。時代はです。

今時のパソコンは、3次元的なトラッキングも簡単にできちゃいます!

はい、何が起こっているのかよくわからないですね。笑

実はこれ、以下の動画の3Dトラッキング情報なのです。

2Dトラッキングでは「縦」「横」「斜め」の移動を追跡していましたが、

3Dトラッキングではこれらに加え、「奥行き」の移動も追跡します。

―3Dトラッキングで何ができるの? ―

 

先ほどのファンタのCMでは、ファンタボトルの動きと吹き出しの動きが連動していました。

では、3Dトラッキングでは何が可能になるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

私たちの目に見えている世界は3次元です。

そして、パソコンで見る映像は平面なので2次元です。

その平面的な映像に対し、3次元的なトラッキングを行うことによって

その映像の中の世界にないものを、あたかも実在するかのように合成することができるのです!

 

先ほどの映像に

 

この映像を合成すると……

 

はいっ!

 

元の動画にはなかったCGが、空間に馴染むように合成できてしまうのです!

このように空間の動きとCGの動きを揃えて馴染ませることを「マッチムーブ」と呼びます。

実はここ数年で3Dトラッキングの技術が飛躍的に伸び、

CGを作る人であれば、比較的簡単にマッチムーブ映像が作られるようになったのです!

 

 

 

―実はたくさん見ている!

有名なマッチムーブ映像たち ―

 

今回ご紹介した、3Dトラッキング技術を使ったマッチムーブ映像。

実は実写にCGを合成する映像ではほぼ必ず用いられると言っても過言ではないのです。

例えば……

少し前に話題になった「シン・ゴジラ」。

景色とゴジラがリアルに合成されており、

本当に東京にゴジラがいるかの様ですね。

 

こちらのCMも、00:50~の撮影風景を見るとほぼ緑!

完成版ではたくさんのCGが合成されており、

見事なマッチムーブ映像となっています。

 

 

 

その場所に存在しない物を、まるでそこにあるかのように合成できる

トラッキング技術マッチムーブ

この新しい技術を活用した映像を作りたい!

そんなときはぜひ、Funusualへお問い合わせください! 

あなたは明確に答えられる? ー「広告」と「広報」の違いとは?ー


 

株式会社ファンユージュアルの東海林(しょうじ)です。

 

さて、冒頭からいきなり質問です。

「広告」と「広報」の違いは何でしょうか?

 

・・・以前、弊社代表の大野からこう質問をされました。

 

しかし、当時の私はぼんやりしたイメージしか浮かばず、

 

(広告・・・チラシ!)

(広報・・・広報担当として取材対応をしているキラキラしたお姉さん!!)

 

という貧相な発想しか浮かびませんでした・・・。

 

 

 

でも、広告や広報って、ついつい混同して使いがちですよね。

みなさんは明確な答えが浮かびましたか?

 

①「広告」とは?

まず、広告ですが、こちらは割とイメージがしやすかった方が多いのではないかと思います。

 

広告とは、TV、新聞、雑誌、WEBといったメディアに掲載費用を払って、企業や商品について伝えることです。

 

 

掲載期間や掲載時期、アピールしたい内容や表現方法について、企業側での決定が可能です。

このため、商品やサービスの特長をユーザーに印象づけるために、インパクトのある表現・記載が自由にできます。

もちろん、虚偽情報や誇大情報はいけませんし、メディアごとの掲載基準がありますが、ある程度主観的な発信ができるという特長があります。

 

また、近年はTVや新聞のような従来からのメディアだけではなく、SNSに広告を掲載する企業も一般的になりましたね。

 

 

②「広報」とは?

一方で、広報は、「パブリック・リレーション(PR)」とも言われ、社会と良好な関係性を築くことです。

 

これだけではちょっとわかりにくいですが、具体的な活動としては、メディアに向けて企業や商品の情報を提供し、ニュース番組や記事などに取り上げてもらうことを目的としています。

簡単にいうと、ネタ提供といったところですね。

 

 

主に自社のウェブサイトやプレスリリースを用いてメディアに情報提供をするため、広告に比較して費用がかかりません

また、記者・編集者といった第三者の視点を通じて、ユーザーに情報が発信されるため、より客観的であり内容の信頼性が高いと言えるでしょう。

 

しかし、その情報を取り上げるかどうか、いつ何をどのように掲載するかどうかについては企業がコントロールするのではなくメディア側が決定します。

なので、企業は広報活動を行うタイミングや提供する情報についての戦略が重要となります。

 

このように、広告と広報には、費用、決定権、制作者、信頼性などといった違いがあり、それぞれが持つメリット・デメリットを補完しあう関係となっています。

広告と広報の、意味合いや目的が異なることがおわかりいただけましたでしょうか。

 

動画による広報活動がメディアに取り上げられた事例

 

今年の母の日を前に、西武・そごうでは、東大生を対象に「2018年全国一斉母の日テスト」なるイベントを開催しました。

自身の母親にについてどれほど知っているか100問にもわたる質問をし、その様子を捉えた動画を公式ウェブサイトで配信しました。

 

 

【西武・そごう】東大生が挑戦。簡単そうで意外と解けないテストって何!?

 

テストでは「あなたの母の好きな色は?」、「あなたの母の星座は?」といった比較的答えやすい質問から、「あなたの母があなたに言われて一番印象に残っている言葉は?」、「あなたの母があなたを誇らしいと思っていることはどんなことか?」といった普段の会話ではなかなか知りえない質問まで様々でした。

 

意外と知らないお母さんについての質問に四苦八苦しながら回答し、いよいよ答え合わせの時間。

その採点方法は、自分で母親に電話をかけて、答えをきくという自己採点方式でした。

 

 

電話でお母さんと話し、お母さんのことをもっと知る・・・そして、お母さんから見た自分を知る。思わず涙がでてきそうな内容でした。

 

 

そして、感動的な動画が話題となり、TV番組や、インターネットでも取り上げられました。

その効果もあって、なんと公式ウェブサイトの動画公開開始からわずか一週間で35万再生に達し、現時点では126万再生を超えています

 

 

広報・PRの取り組みの流れ

 

ファンユージュアルでは、動画広告制作のほか、広報戦略についてもご相談を承っております。

 

[広報・PRの取り組みの流れ]

1:クライアント様の課題感をヒアリング

2:話題になるようなキャンペーン・動画企画を提案

3:リリース後、各種広告やインフルエンサーを活用してメディアにリーチ

4:TV、新聞、WEBなど各種メディアによる取材

5:さらに大々的にキャンペーンが広まる

 

といった流れです。

メディアに取り上げられるコツは、第三者(視聴者、ユーザー)の目線に立ったキャンペーンや動画内容を作り上げることです。

プラップジャパンというJASDAQ上場の企業と提携して、メディアに取り上げられるような広報活動が可能です。

 

「単に動画広告を作るだけではなく、より効果的な広報活動もしたい!」とお思いのご担当者様は、ぜひお気軽にファンユージュアルにお問い合わせ下さい!