動画コンテンツマーケティング事例【Tips動画】

スクリーンショット 2016-02-22 23.52.37

こんにちは!

動画ブームがますます盛り上がりを見せている昨今、弊社でも毎日様々な案件の制作で大忙しでございます。

そんな中でもつい最近、46本の動画を作ってようやく完パケになったので今回はそんな事例をご紹介したいと思います。

 

サーフィン、スノーボード、そしてスケボー。

その46本もの動画がどんな内容なのかというと、ズバリ「スケボー」です。

スクリーンショット 2016-02-23 0.04.59

はい。Skateboardingです。本当のスケーターは「スケボー」と言わずに「スケート」と言います。「Sk8」と言ったりもします。(最近は言わない?)

で、そんな中今回の制作はサーフィン、スノーボード、スケートボードに特化したWebマガジンのR/ForA magazine(アールフォーエーマガジン)様からのご依頼でした。

いわゆる横ノリと言われるエクストリームスポーツの王道である3S(Surf , Snow , Skate)で、特に最近では冬季オリンピックで日本人選手が銀や銅などの快挙を成し遂げたり、サーフィンやスケートボードが2020年の東京オリンピックの種目に選ばれたことからも注目度の高いスポーツとなっています。こちらもR/ForAさんで早速記事にされています。

 

動画は広告だけじゃない。

繰り返しますが、R/ForA magazineはいわゆるメディア・情報サイトです。

ですので、今回46本もの動画の制作に至ったのは広告としてではありません。(深い意味ではPV数増加のためになりますが。)

なぜこのような制作に至ったのか。「動画コンテンツマーケティング」の視点から見ていきましょう。

 

まずは、下記の動画。

様々な種類のスケートトリックを3カメを使って様々な視点から映しました。また、エクストリームスポーツの撮影と言ったら欠かせないのが「GoPro」

スクリーンショット 2016-02-23 0.10.35

タバコの箱ほどのサイズのカメラで今では4Kやスパースローまで撮れちゃうスグレモノ。上のスケボーの写真もGoProで撮ったものです。魚眼風になるのがまた面白いですよね。

このGoProを使って他のHow To動画とは少し違った視点を取り入れました。

それは、「主観視点」です。

スクリーンショット 2016-02-23 0.14.08

今までのこういったスノーボードやスケートボードのHow To動画は外から見た視点での説明がほとんどで、実際にトリックをやってみると動画で見ていたものと違った景色でトリックを行わなくてはならず、実際のイメージが掴みづらい、という悩みを解決するために提案した撮影手法でした。

 

ここで、動画コンテンツの根本を説明すると、

「自社のサービスを伝えるのではなく、相手のためになる情報を発信する」

というものです。繰り返します。

「自社のサービスを伝えるのではなく、相手のためになる情報を発信する」

大事なことなので2回言いました。

広告であれば、やっと開発した新製品。早く世の中に広めたくてあんなことやこんなこと、伝えたい情報がいっぱい!そしてみんなに買ってほしい!だから、どうしても自分の伝えたい気持ちが一方通行になって本当に視聴者のためになる情報になっていないパターンが多いんですね。

 

今回の動画は冒頭やラストにロゴ程度は入れてますが、宣伝ちっくなものにはなっていません。

単純に「見ていてためになる情報」として作られています。自社のファンになって欲しかったら、まず先に何かを与えることなのです。そうすることで、視聴者の方から自ずと「この情報はどこが元に発信されているのだろう?」と気になって向こうから寄り添ってきてくれるでしょう。

 

「見たいときに、見たい場所で、適切な情報を」与えられるのが動画コンテンツマーケティングの極意なのです。

 

動画コンテンツマーケティングのポイントその2

そして、「じゃあ、ためになる動画を作ってYouTubeにアップすればいいんだな!簡単じゃん!」と思ったそこのあなた。そうは問屋が卸しませんよっと。てやんでい。すみません、つい江戸っ子の血が・・・。(東北出身)

 

動画コンテンツマーケティングはすぐに効果が表れるものではありません。ボクシングに例えると、動画広告やテレビCMは一撃必殺のストレートやアッパーなのに対して、動画コンテンツマーケティングは後からじわじわと効いてくる「ボディブロー」のようなものです。

スクリーンショット 2016-02-23 0.53.57

何発も何発も繰り返し打つことによって相手はとある瞬間から急激に効き始めます。

ですので、すぐに見返りを求めてはいけません。

コツコツと積み重ねることによってどんどん情報が自社サイトにストックされていき、検索上位など将来必ず有利に働きます。特にGoogleは動画を重視している傾向にありますので動画が多数載っているサイトは上位表示されやすくなります。

今回のR/ForA magazineさんのさすがだなと思うところは、一気に46本もの動画を作った点にあります。コンテンツマーケティングのプロゆえ、動画の重要性や数多く必要なことを理解してのことだったのでしょう。

月に1本ででも毎月コツコツ1年間でも続けていればその動画情報は資産として蓄積され、作れば作るほど相乗効果となりアクセス数などどんどん増えて行く(減ることはない)好循環が生まれます。

これに関してはぶっちゃけ自分たちで作ってもいいのです。(おっ、めずらしく宣伝じゃない)

 

CMはコンテンツになるべき

要は、先ほども申し上げましたように、いかに「相手のためになっている情報か」ということが反映されている動画であれば多少のクオリティの低さなどは気にならないものです。ただ、明らかに宣伝な内容になっていると視聴者はすぐ離れていきます。

「相手の悩みを解決する動画か」「相手を楽しませる・喜ばせる動画か」。もし自社で制作する場合はその辺のポイントだけは押さえておくといいと思います。

 

以前にも書いたかもしれませんが、弊社では「CMはコンテンツになるべきだ」という想いを掲げています。

お茶の間でテレビを見ているといいところでCMが・・・そんな気持ちで見るCMは情報としてすでにシャットアウトしてしまうのが本音ではないでしょうか。(繰り返し見せることによるサブリミナル効果的な部分もありますが。)

私も正直テレビCMを見て「もっと見たい」と思ったことはありません。むしろ「早く終われ」としか思ったことがありません。

それはきっと「見たくない時に見せられている」からなのです。せっかくハイクオリティに趣向を凝らされて作った映像がもったいないなと私はいつも思います。テレビCMがダメ、というわけではなくて業界全体で「視聴者のため」を思った動きになればCMもコンテンツもひとまとめになった有用な「情報」として発信できる時代が来るのではないかと考えています。

Web動画はいち早くその道をたどっています。

 

ですので、今回それをわかって制作を依頼していただいたR/ForA magazine様とご一緒できたことは非常に嬉しく思っております。

今後もどんどん視聴者のためを想って作られ、皆が楽しめたり感動できる映像・コンテンツ・広告を増やしていきたいと考えています。発信側と視聴者側のバランスを大事に。それが「Funusual(楽しい日常)」ですから。

 

(フッ、決まった。。)

 

おわり

スクリーンショット 2016-02-22 23.52.37

3S総合ウェブマガジンR/ForA magazine

株式会社Funusual

 

記事に関するコメント・お問い合わせお待ちしております!