【AR】動画の効果的な活用方法

IMG_0429

以前リアルでの映像活用のコツ「デジタルサイネージ」という記事にてWebやSNS以外での映像活用方法をご紹介しました。前回はデジタルサイネージというよくお店の店頭に置いてある映像看板のアレのご紹介でしたが、今回は「AR」のご紹介です。

「AR」と聞いて何のことかピンとこない方にご説明。

「AR」とは日本語で「拡張現実」という意味です。スマホをかざすとそこにないものがスマホを通して見ることができるというアレです。おそらく皆様の意識としては「ああ、なんか大企業がお金かけてプロモーションしている凄そうな技術か」という認識だと思われるアレです。

 

先日私もその技術に触れてきました。

 

純粋に「え、こんな簡単にできるの」という感想でした。以下に使い方や活用法を述べていきますがステマとかではありませんのでご安心を。

制作した映像をWebで活用する、と言ってもWebマーケティングに慣れていない中小企業などはやはり馴染みのある名刺、スタンプカード、ポイントカード、チラシ、フリーマガジンなどが使いやすいかと思われます。

そこに動きのある動画を埋め込むのです。

アプリは使い勝手の良さがユーザビリティを分けます。1秒でも「使いにくい」と思われたらなかなか次から使ってもらえないでしょう。今回見たARアプリはアプリを起動して写真をスキャンするだけでした。QRコードを読み取る感覚。そうすると紙媒体での情報から動画が自分のスマホに読み込まれ、さらに一歩踏み込んだ情報を付与できる、といったものです。

もちろんポイントや割引画面として応用することも可能です。

一番良かったのが「どこでも何にでも動画をARすることができる」という点でした。

自分の今持っている名刺、店頭の看板、雑誌の表紙、動画を映し出したい媒体の写メを撮るだけでOK。ワンクリックで登録したらそこにARの埋め込み完了です。

実際の活用事例として面白かったのが、

・ウエディング

・スポーツ

・観光

でした。

ウエディングは招待状に自分たちのムービーを載せて「お待ちしてまーす」といったメッセージを掲載。

スポーツは高校の部活フリーペーパーに試合中の様子を撮影した動画を掲載。

観光はそれぞれの見所スポットの紹介動画を日本語、中国語、英語の3パターンにて表示。

 

また、あえてお客様にはどこにARを仕込んでいるかを教えずに宝探しのようなイベント性を持たせる使い方も面白いかなと感じ、大企業じゃなくても十分に活用出来る優れものでした。

デジタルサイネージやARなど、WEB以外でも様々な活用方法がある動画マーケティング。ファンユージュアルとしてもクライアント様に様々なご提案ができるよう日々情報の取得に努めてまいります。

 

株式会社Funusual

Instagram

記事に関するコメント・お問い合わせお待ちしております!

 

iPhone版iMovieで動画編集【スローモーション編】

iPhone+iMovie「スローモーション編」

お久しぶりの更新となってしまいました。

今回の動画編集テクニックは「スローモーション」です。

スポーツのここぞというシーンでスローモーションにしたり、思い出の回想シーンをスロー再生させたりと描写力を格段にアップさせるスローモーションの効果。ぜひ使いこなして一味違った動画編集を行いましょう。

 

■「iPhone版iMovieで動画編集」まずは動画から。

 

今回の動画では

・全体をスローor早送り再生

・一部分をスローor早送り再生

・一部分を静止

といったやり方をご紹介しています。

今回の素材はiPhone6の動画で60fpsで撮影しています。

「60fpsって何?」と思ったあなたのためにご説明していきましょう。

 

■再生コマ数「FPS(フレームレート)」

実は動画というのは1秒間に何枚もの静止画を連続させて動きとして表示しています。いわゆるパラパラマンガのなめらか版と言えばわかりやすいでしょうか。ここでなめらかさを表す数値として「フレームレート」が挙げられます。

例えば「24fps」という表記があった場合、これは「1秒間に24枚の静止画を連続させている動画ですよ」という意味です。また、現在の映画やテレビアニメで使用されているフレームレート数は「24fps」が主流です。「23.97」や「59.94」といった数値もありますが説明しだすとキリがないので割愛させていただきます。

大体のカメラではこのフレームレートが「24」「30」「60」ぐらいで設定できると思います。ちなみに小型アクションカメラ「GoPro HERO4」ではフルハイビジョンで「120fps」、ハイビジョン画質だと「240fps」まで撮影できてしまうとんでもない代物です。

gopro4-4

もちろん1秒間に何枚もの静止画を連続させているわけですから、例えば「240fps」だと1秒間に240枚の静止画、ということでその分容量は大きく、重くなりまた業務用でない限り画質も落ちたものになります。

 

■今回の動画は「60fps」

iPhone6になって動画の撮影機能も格段に向上し、光学式手ブレ補正やフレームレートが60fpsまで対応。60fpsでもかなりのなめらかな動画撮影が可能になりました。

そして、今回スロー再生する際には通常の速度の1/2のスローをかけました。ということは、60fpsで撮影したものが30fpsにて再生されるということです。映画やテレビ番組が24fpsなので半分の30fpsになってもまだなめらかなスロー再生ができるのはこのためです。

もしこれが30fpsで撮影し、1/2のスロー再生をかけると15fpsとなり、だいぶカクカクした再生速度になってしまいます。

 

■結論:なめらかにスロー再生したいなら高いフレームレートでの撮影を。

初めての方にはちょっと難しい話になってしまいましたでしょうか。

もしお手持ちのカメラでフレームレートの設定などができる場合、スロー再生を考えているシーンでは高フレームレートにて撮影するの後の編集でなめらかなスロー再生ができます。たいてい1080/30 、720/60などの表示になっていると思います。(ちなみに1080はフルハイビジョン、720はハイビジョンの画質を表す数値です。)

 

ぜひチャレンジしてみてくださいね!

株式会社Funusual

Instagram

記事に関するコメント・お問い合わせお待ちしております!

【コラム】近頃のWEBサイトデザイン

weather-widget

 

最近のオシャレなWEBデザインのポイント

最近問い合わせで多いのが「WEB制作」。確かに、映像を作っても肝心の媒体となる自社サイトがなければ掲載のしようがないですよね。「とにかく安く」という要望から「見た目にこだわった」「集客につながる」サイト作りまで様々なご要望をいただきますが、いったいどこから手をつけていいのか迷われている方も多いのではないでしょうか?

まずは第一印象が肝心!ページを開いた瞬間に心躍るような「最近ハヤリのWEBデザイン」についていくつかまとめてみたいと思います。

 

■最近はやりの「フラットデザイン」

WindowsやiPhoneなど、少し前からアイコンのデザインが一新されたのを覚えてますでしょうか?

ios7-icon-580x309

左:最新アイコン 右:旧アイコン

 

旧アイコンはシャドウがついていたり、立体的でリアルなアイコンになっています。

それに対し新アイコンはシンプルです。今までは平面上にいかに立体的に物を表示させるかという技術に躍起になっていましたが、だんだんとユーザー目線に合わせて表示を抽象化し、シンプルで入り込みやすいデザインへと遷移していってます。ありふれた情報を極力コンパクトに伝えるという時代の流れなのかもしれません。

また、カラーもグラデーションは使わずに単色、フォントも明朝体のような字体より細めのゴシック体などクセのないシンプルな字体が好まれて使われることもポイントです。

0a971f7c4edce109591461f9fd25358d-589x400

 

■ページ幅いっぱいの「ストレッチデザイン」

spektrummedia-flat-portfolio-animation-jquery-css-webdesign_005

 

もともとはランディングページ(キャンペーンの際などに使われる1ページだけのWEBサイト)のデザインで多く用いられていた画面いっぱいのWEBデザインですが、近頃はこれをそのままWEBサイトにも使用している傾向が多く見られます。

見た目のインパクトもそうですが、あちこちクリックしなくても情報が1〜3ページほどで完結する手軽さから、こちらも情報をよりコンパクトにという流れで多く採用されているデザインです。

 

■見ていて気持ちいい「パララックス」

スクリーンショット 2015-04-06 18.57.36

また、ストレッチデザインに多い効果として【パララックス】というエフェクトが使われているのも見逃せません。スライドするごとにホームページがアニメーションのように動いたり、文字が順番に表示されたりと見ている人を飽きさせない工夫がされています。気持ちよくて思わず何度もスクロールしてしまいます。

参考サイト:Creativity Fluid

 

■インパクト抜群!「動画背景」

スクリーンショット 2015-04-06 19.02.11

パララックスも遊び心溢れるデザインで面白いのですが、一番インパクトを与える効果としては最近台頭してきた「動画背景」でしょう。制作した動画をWEBの一部に埋め込むだけではなく、背景として前面に動画を使用。まだ利用している企業も少なく、差別化のチャンスでもあります。もちろん動画の上に文字やアイコンを重ねてクリックさせるようにすることもできます。

参考サイト:theQ camera

 

いかがでしたでしょうか?

WEBサイトを作る際に担当者に「こういう効果で〜」と伝えられればより思い通りのWEBを作れること間違い無し!これから立ち上げる方、リニューアルする方もぜひ参考にしてみてくださいね。

株式会社Funusual

Instagram

記事に関するコメント・お問い合わせお待ちしております!