形になる企画の考え方その10【行動あるのみ】

行動あるのみ

企画→行動

これまで企画について様々なノウハウを述べてきました。ある程度必要なコツや手順など理解できたかと思います。

企画書ができあがったらあとは行動あるのみ。しかし、その一歩を踏み出せずに二の足を踏んでしまう方が多いと思います。今回はそんな方のために背中を押せるような内容を書いていきたいと思います。

■企画書を友達に見せてみる

一番簡単で手っ取り早い方法です。友達といえども、見せる時は意外に緊張します。友達なら言いにくいこともオブラートに包んで言ってくれるので、こちらのモチベーションをそこまで折ることはありません。

友人数人に聞いたら立場の近い先輩などにも聞いてみましょう。もう少し具体的なアドバイスをもらえるかもしれません。

親身になってくれる友人や先輩ほどいろんな意見を言ってくれます。時には自分の作った企画書を否定されているような気がしてムッとしてしまうこともあるかもしれませんが、自分の主観で作った企画書と、客観的な視点からもらったアドバイスは違って当然。「なるほど、そんな視点もあるのか」と真摯に受け止めましょう。

■企画コンペに応募してみる

販促会議企画コンペ

販促会議企画コンペティション

作った企画書をPDFデータにし、ネットで応募できます。ライバルは多いですが、まずは第一歩を踏み出すということで手軽なネット応募の企画コンペに応募してみましょう。もし運が良ければ一発採用も!?

知人で某テレビ番組の企画コンペで100組の中からの初めての応募で1発当選したことがある、という方がいます。。

■普段自分が全然関係ない会社に電話してみる。

これは結構難易度が高いのですが、自分が全然関係ない企業でかつ作成した企画書の内容と関連のある業種の会社へ電話してみます。もちろん自分の所属している会社名は言わず、個人の名前だけ名乗ります。「無理だろ」と思うかもしれませんが、意外に話を聞いてくれます。

そこで相手の反応を見て、企画会議当日、「この企画による競合他社の反応は・・・」と言えたら上司もビックリ!「そこまでやってくれたのか」と評価アップにつながるでしょう。

ただ、これは結構ベンチャー魂あふれる人じゃないと難しい気もしますが、1、2のステップを踏んで慣れてきたらチャレンジしてみるのがいいと思います。

いかがでしたでしょうか。

Funusualもまだまだ砂粒のように小さな会社でありますが、この方法で何社か某有名大企業とアポイントが取れることがありました。中には役員クラスの方とお会いする機会も…。

提案内容と先方のニーズが合致していれば自分が誰か、どこの会社かなどは2の次です。そして、企業はどこも自社の商品をプロモーションするようなアイディアを求めています。

自分が真心込めて作り上げた企画書であればあるほど、他人に見せたときにアレコレ言われるのが怖いかもしれません。「俺はこれでいく!」と意固地になってしまうかもしれません。が、経験上他人のアドバイスはほぼ100%当たっています。他人がオススメしたくなるような企画じゃないとクライアントにも喜んでもらえないからです。

かと言って他人の意見に振り回されるのも良くないですし、企画の軸をしっかり保ちつつ、肉付けの部分は柔軟にアドバイスを取り入れるのがいいかと思います。