iPhone版iMovieで動画編集【トランジション編】

iPhone+iMovie「トランジション編」

前回のブログ「iPhone版iMovieの使い方「便利ボタン」」は覚えておくと便利「分割ボタン」について説明しました。

今回はそれを踏まえてクリップとクリップの間のスムーズにする効果を持つ「トランジション」について説明していきたいと思います。

まずは動画からどうぞ。

 

 

基本的に使用するトランジションとして

  • 「ディゾルブ」・・・「クロスディゾルブ」とも言い、前後のクリップを徐々に重ね合わせながら場面転換する効果。
  • 「スライド」・・・後のクリップがその名の通りスライドして上に重なり合うようにする場面転換効果。紙芝居のイメージが分かりやすいかも。
  • 「ワイプ」・・・「スライド」と少し似た効果を持つが、前のクリップを消すようにして後のクリップが現れてくる効果。
  • 「フェード」・・・おそらく一番使われるトランジション。クリップとクリップの間を暗転、またはホワイトアウトで場面転換を行う。

また、「テーマ」に関してはプロジェクト作成の際にテーマを選択していないと使用することはできません。

 

場面転換の効果として有効なトランジションですが、使いすぎには注意しましょう。面白い効果だからといって無意味な箇所で使用すると映像の流れ(ストーリー)が伝わらなくなってしまいます。

 

次回はみんな大好き、「スローモーション」編を紹介していきたいと思います。

株式会社Funusual

Instagram

記事に関するコメント・お問い合わせお待ちしております!

iPhone版iMovieの使い方「便利ボタン」

iphone+iMovie

iMovieで動画編集〜便利ボタン〜

前回のiPhone版iMovieで動画編集「トリミング編」はいかがでしたでしょうか?

前回は基本的なトリミングの方法を動画にてご紹介したのですが、今回はちょっと違ったやり方もあるのでご紹介していきます。

 

■知っておくと便利!「前に戻る」ボタン

と、その前に。iPhoneでの細かい操作なのでうっかり間違ったところをタップしてしまった。。なんてこともありますよね。

でも大丈夫。「Uターン矢印ボタン(勝手に命名)」をタップすれば一つ前の状態に戻ることができます。

iMovieの使い方1

これで多少の失敗も大丈夫!いろんなところをいじってみましょう。ちなみに、MacやWindows共通で「Ctrl(Command)+Z」でも同じ効果が得られます。

 

■クリップの真ん中をカット!「分割」ボタン

imovieの使い方3

前回の動画ではクリップ(タイムライン上の動画素材)の両端をドラッグしながら長さを調節する、という方法でしたが、今回はクリップの真ん中をばっさり一刀両断。分割ボタンの紹介です。

あらかじめクリップをタップし、黄色い枠を表示させておき、左下のハサミのマークをタップします。何もしていなければ最初から選択されているかもしれません。

imovieの使い方2

真ん中の縦のラインを分割したい部分に合わせ、ハサミの右上にある「分割」をタップ!

iMovieの使い方4

 

一つだったクリップが2つに分かれました。そう、まるでロミオとジュリエットのように…

 

最後のは余計でしたね。

前回紹介したクリップのトリミング方法と今回の「分割」を合わせて使うとより細かいトリミング操作が可能になります。

 

それでは、、、むむ…?

iMovieの使い方5

 

分割したクリップとクリップの間に見知らぬマークが…?

 

次回はこのマークの謎を解き明かす「トランジション編」をやっていきたいと思います。

先読みしたい方は→【コラム】iPhoneで動画編集【iPhone版iMovieの使い方】

株式会社Funusual

Instagram

記事に関するコメント・お問い合わせお待ちしております!

iPhone版iMovieで動画編集「トリミング編」

iPhone+iMovie「トリミング編」

 

iPhone+iMovieで動画編集

以前書いた「iPhone版iMovieの使い方」の反響がよく、一方で長くて分かりづらいというお言葉もありましたので、一つ一つの作業を動画にして解説していこうと思います。

一気に全てを覚えようとするとモチベーションが続きませんので、無理のない範囲で気楽に覚えていきましょう。

 

今回は動画の長さを調節する「トリミング編」です。

いかがでしたでしょうか?

撮った動画素材はほとんどが最初と最後の1〜2秒はブレたりピントがボヤけていたりするもの。今回のトリミングで動画の余分な部分を削除しましょう。

おしゃれに動画編集してくれるアプリもありますが、まずは基本から。

 

次回はハサミのアイコンを使って素材を2つに分割する「トリミング編その2」を予定しています。

株式会社Funusual

Instagram

記事に関するコメント・お問い合わせお待ちしております!

形になる企画の考え方その10【行動あるのみ】

行動あるのみ

企画→行動

これまで企画について様々なノウハウを述べてきました。ある程度必要なコツや手順など理解できたかと思います。

企画書ができあがったらあとは行動あるのみ。しかし、その一歩を踏み出せずに二の足を踏んでしまう方が多いと思います。今回はそんな方のために背中を押せるような内容を書いていきたいと思います。

■企画書を友達に見せてみる

一番簡単で手っ取り早い方法です。友達といえども、見せる時は意外に緊張します。友達なら言いにくいこともオブラートに包んで言ってくれるので、こちらのモチベーションをそこまで折ることはありません。

友人数人に聞いたら立場の近い先輩などにも聞いてみましょう。もう少し具体的なアドバイスをもらえるかもしれません。

親身になってくれる友人や先輩ほどいろんな意見を言ってくれます。時には自分の作った企画書を否定されているような気がしてムッとしてしまうこともあるかもしれませんが、自分の主観で作った企画書と、客観的な視点からもらったアドバイスは違って当然。「なるほど、そんな視点もあるのか」と真摯に受け止めましょう。

■企画コンペに応募してみる

販促会議企画コンペ

販促会議企画コンペティション

作った企画書をPDFデータにし、ネットで応募できます。ライバルは多いですが、まずは第一歩を踏み出すということで手軽なネット応募の企画コンペに応募してみましょう。もし運が良ければ一発採用も!?

知人で某テレビ番組の企画コンペで100組の中からの初めての応募で1発当選したことがある、という方がいます。。

■普段自分が全然関係ない会社に電話してみる。

これは結構難易度が高いのですが、自分が全然関係ない企業でかつ作成した企画書の内容と関連のある業種の会社へ電話してみます。もちろん自分の所属している会社名は言わず、個人の名前だけ名乗ります。「無理だろ」と思うかもしれませんが、意外に話を聞いてくれます。

そこで相手の反応を見て、企画会議当日、「この企画による競合他社の反応は・・・」と言えたら上司もビックリ!「そこまでやってくれたのか」と評価アップにつながるでしょう。

ただ、これは結構ベンチャー魂あふれる人じゃないと難しい気もしますが、1、2のステップを踏んで慣れてきたらチャレンジしてみるのがいいと思います。

いかがでしたでしょうか。

Funusualもまだまだ砂粒のように小さな会社でありますが、この方法で何社か某有名大企業とアポイントが取れることがありました。中には役員クラスの方とお会いする機会も…。

提案内容と先方のニーズが合致していれば自分が誰か、どこの会社かなどは2の次です。そして、企業はどこも自社の商品をプロモーションするようなアイディアを求めています。

自分が真心込めて作り上げた企画書であればあるほど、他人に見せたときにアレコレ言われるのが怖いかもしれません。「俺はこれでいく!」と意固地になってしまうかもしれません。が、経験上他人のアドバイスはほぼ100%当たっています。他人がオススメしたくなるような企画じゃないとクライアントにも喜んでもらえないからです。

かと言って他人の意見に振り回されるのも良くないですし、企画の軸をしっかり保ちつつ、肉付けの部分は柔軟にアドバイスを取り入れるのがいいかと思います。

泣けるCM5選

XkNOsPQY

 

泣けるCM集

 

前回の面白いCM5選かっこいいCM5選に引き続き、今度は泣けるCM5選です。

共感できるストーリーや「こんな視点まで」というものまで。このブログを書いていながら思わず涙がこぼれてしまいそうになったのは秘密です。もちろん今回も独断と偏見によるCM集。それでは、ハンカチ片手にいってみましょう。

 

■第5位 大和ハウス リリーフランキー×深津絵里 「ここで、一緒に。」

最後の「俺より長生きしろよ」の部分でグッときてしまいます。こんな夫婦生活もありですね。

 

■第4位 コニカミノルタマンⅢ 「大嫌いな上司」

CMではないのですが、新入社員と嫌な上司、というありがちな関係。しかしそこには上司の深い愛があった。。

上司だって部下のことが憎くて叱っているわけではない。部下だって上司のことが嫌いで避けているわけではない。そしてその間柄をそっとサポートするコニカミノルタマン(複合機・プリンター)。今一度上司と部下の関係を見直すきっかけになるストーリーです。

■第3位 マクドナルド 「ドライブスルー」

マクドナルドのドライブスルーを何周もグルグル周る男、実は赤ちゃんを起こさないためにスピードを止めないようにドライブスルーを回っている。それに対し店員も真摯に対応する。あぁ、マック食べたくなってきた。。

 

■第2位 コカ・コーラ 防犯カメラが捉えた心温まるシーン

防犯カメラは人間の悪い部分だけを映しているのではないんですね。いいところもちゃんと記録しているのです。世界中がこういうちょっとした気配りで連鎖したら素晴らしい世の中になりますね。

 

■第1位 東京ガス 家族の絆「母とは」編

思わず自分の家庭のことを言っているのか?と錯覚してしまうほど「あるある」なCM。最初は笑って見ていたものの、あれ?なんだか目から熱いものが…。実家に帰りたくなってしまうCMです。

 

いかがでしたでしょうか。

「共感」を題材にした泣けるCM集。日常のささいなことが感動の種になったりするのですね。これを機に日常の1コマ1コマ1を大切に見直しながら生活していこうと思えるCM集でした。