「広告」と「広報」の違い

089

皆さんは「広告」と「広報」の違いについてご存知でしょうか?
日々広告やマーケティングを研究している私としては見逃せないコラムですので発表していきたいと思います。

■広告と広報の違い

人にどんなお仕事ですか?と聞かれて「企業のプロモーションムービーを作ってます」とか「広告宣伝用の動画を作ってます。」と言うとなんとなく意味は伝わると思うのですが、これが「PR・広報をやってます」となると「広告代理店か何か?」と思ってしまう方が多いと思います。

そこでざっくりと違いを表してみました。

広報と広告の違い

広報と広告の違いpng

簡単に述べると、

・「有料」か「無料」
・情報発信が受け身か主体的か
・情報の信頼度の高さ

に違いが出てきます。

■広報の特徴

なんと言っても第三者からの視点での客観的な情報の伝達。
テレビCMでダイエット食品の宣伝を見てもスルーだったのが翌日会社の同僚から「あのダイエット食品いいよ!」と言われれば興味を示すもの。
しかし広報はこちらのタイミングでは出せないのが難点です。「広報」するメディア側は社会的に意義のあることをしている企業に取材をし、世の中に有用な情報を発信していくという役割があるからです。

また、企業側が新製品を発表して一通り広報活動を終え記事を見てみると・・・軽くバッシングのような記事を書かれていた・・・なんてことも。あくまで第三者の目線から見た情報発信なのでそこに企業の意思は介在できません。
それゆえに消費者にとっては信憑性も高く、情報過多な現代に企業にとってもうまくいけば絶大な効果を発揮する広報活動です。

■広告の特徴

では、広報戦略をうまくすれば広告は不要じゃないの?と言うとそうはいかないのが現状です。なぜなら、広報ではいつ何時情報を発信できるかわからず、企業側が思ったように情報を発信できないのです。
せっかく血と汗と涙の結晶で作り上げた新製品、その素晴らしさを最大限に世の中に伝えたい!当然の心情ですよね。そうなった場合は広告の出番です。商品の魅力は何よりも作り上げた企業が一番分かっているはず。それを広告代理店なりに伝え、様々などんな企画で消費者に見てもらい、見てもらいたいターゲットが多いのはどんな媒体(雑誌・テレビ・Web etc.)なのかを考え、手段(紙・音・映像)を通して世に発信していくのです。

完全に企業側の主体的な情報発信なのでそこにわざわざデメリットを伝えたがる広告主はいません。(テクニックとしてあえて伝える場合もありますが)それゆえに消費者にとっては「ホントかな?」と少し信ぴょう性に欠ける情報にはなってしまいます。

■広報と広告、どちらがいいのか。

結局、広報と広告どちらがいいのかと言われてもどちらが一方的に良くて、一方的に悪いということはありません。企業の戦略に委ねられます。検索エンジンをYahoo!でいくのかGoogleでいくのか、メインのSNSをTwitterでいくのかFacebookでいくのかの違いのようなものです。両方使ってもいいし、ブランディングやイメージ戦略によってどちらかに集中してもいい。

ここから先は私の持論になりますが、広報・広告によって成果を上げるには3つの要素が不可欠だと考えます。

■広報・広告で成果を上げる3つの要素

まず1つ目は情報の表示量。
人は一回見ただけのものは忘れてしまいますが、一定期間至る所で同じ情報が繰り返し表示されるとだんだん気になって自ら「なんだろう?」と情報を欲しがります。

2つ目はターゲットに適切な情報発信。
自分に全く関係のないセールス電話がかかってきたとしたらうざいですが、例えばAmazonの「関連商品」のようにこれを買った人はこちらも買っていますとさりげなくオススメされるとついつい見てしまいます。
また、「20歳のあなた限定」と明確なターゲット定義を出すことによって20歳の人は自分の事のように思えその情報に視線をやってしまいます。
つまり、自分に関係ありそうな情報は売り込みされても嫌ではないということです。

最後に3つ目は、「共感」です。
どんなに素晴らしい映像技術を使ってようが有名デザイナーのPOPを使おうがそこに見た人の共感が生まれなければその広告はただの風景になってしまいます。
消費者のよくある困った経験を「あるある」と共感させ、それを解決する提案をする。それだけでも十分な広告だと思うのです。秀逸なキャッチコピーを書けなくても、莫大な予算をかけられなくても、消費者の気持ちになって広告を考えれば自ずと見えてくるものだと思います。

と、今回は久々の超大作ブログになりました。
もっと企業のCMもプロモーションも面白く、楽しいもので溢れる世の中にしたいですね。と思った今日この頃でした。