【コラム】iMacメモリ解放と増設の方法

メモリ解放

最近動画編集をしていてやたら動きが遅い・・・重い・・・というかむしろ動いてない。フリーズしてる・・・!

ということが起きました。

 

なぜだ!?と原因を調べたところ、問題は「メモリ」にありました。

■iMacメモリ増設の方法

実は、以前iMacを購入する際に「動画編集メインで使う」という旨を伝えたところ、某アップルストアの外国人の気さくで陽気な店員さんに

「メモリは8GBで十分!グラボがいいからね!HAHAHA!」

と言われ、一応16GBにしたい旨を伝えると

「ダイジョウブ!メモリ増やしても変わらないヨ!重要なのはグラボだよ!」

となんとも商売っ気のない店員さんにムリヤリ(?)アップグレードなしという選択を押し付けられたのでした。

 

そんな出来事を思い出しつつ、「アクティビティモニタ」でメモリ使用状況を見ると

 

 

7.98GB / 8GB

 

はい、iMacさん思考回路はショート寸前。切羽詰まってます。

謎のkernel_taskというのがやたらメモリくってるのをうらめしそうに見ながら一つの答えに辿りついたのは

「メモリの増設」

ということでした。

 

早速アマゾンさんでBAFFALOのメモリ4GB×2を¥9,000ほどで購入。アフィリエイトではないのでリンクは載せませんが。「iMac メモリ」とかで調べるとすぐ出てきます。

iMacのメモリの取り付け方はコチラを参照。

結論から言うと、5分で終わりました。とっても簡単です。

スクリーンショット 2015-01-24 23.03.30

詳細はアップルサポート

 

ほんとは取り付け風景をリアルタイムレポートすればよかったのですが、メモリ交換が終わってからそのことに気づきました。

 

ですので、ここではやってみてわかったメモリ交換のコツを一つだけ。

 

「裏ブタはかなり力強く押さないと開かない。」

 

 

 

・・・それだけ?

ええ、それだけです。それぐらいメモリ交換は簡単でした。

 

 ■メモリ解放オススメアプリ「Free Man」

そして、メモリ交換してからさらにオススメアプリを発見しました。此奴を組み合わせればかなりフラストレーション解消されます。

その名も・・・

 

「Free Man」

FreeMan.512x512-75

iTunesストアでダウンロードできます。¥200です。使い方はチョー簡単。インストールすると右上に円グラフのアイコンが表示されます。「なんか重いな」と思ったらアイコンをマウスオーバーし、ロケットのアイコンをクリックするだけ。

スクリーンショット 2015-01-24 23.19.58

数秒でメモリ内を整理してくれ、スムーズにしてくれます。また、円グラフはメモリの使用状況と連動しており、一目見るだけで現在の状況がわかります。最近はもっぱらFree Manなしではいられない状態です。

 

ということで、iMacが重い!と思った方ぜひお試しあれ〜

 

追伸

iTunesストアで思い出しましたが、iTunes ストアにもアプリ用のキャプチャ動画が掲載できるようになりましたね。Funusualの動画制作でもキャプチャ動画に対応できるよう現在検証中です。(制作自体は可能)

ロケ撮影がない分費用はグッと抑えられます。ご興味ございましたらお気軽にお問い合わせください。それでは、また。

お問い合わせ